ビタミンCは何色?黄色?味はすっぱい?

Sponsored Link

栄養高価抜群のビタミンCはいろいろな食品に使われています。

ビタミンC豊富な果物の柑橘類は酸っぱいですが、ビタミンc が酸っぱいからでしょうか。

ビタミンCタップリの蜜柑は黄色ですが、ビタミンcの色も黄色なのでしょうか。

ビタミンCの英語表記は「vitamin C」になります。

略して「VC」と表記されることもあります。

ビタミンCは、水溶性ビタミンになります。

化学的には「L-アスコルビン酸」で、単に「アスコルビン酸」とも呼ばれます。

ビタミンCが不足すると壊血病になります。

ビタミンCには、ビタミンEを再利用したりコラーゲン合成などの働きがあります。

壊血病の治療にもビタミンCが使われています。

ビタミンCは、野菜や果物に含まれているビタミン類でサプリメントもあります。

 

次に、ビタミンcは酸っぱいの?・ビタミンcは何色?・ビタミンCの効能・ビタミンCを多く含む食品、などの紹介をします。

 

ビタミンcは酸っぱい?

 

publicdomainq-0006152bruhar

 

ビタミンc は酸っぱいと思っている人は多いですね。

ビタミンcは黄色だと思っている人も多いようです。

ビタミンCは、酸っぱくて、黄色くて、健康に良いと思われています。

ビタミンCは健康維持には必要なビタミン類ですが、酸っぱくもなければ黄色くもありません。

ビタミンCがタップリ含まれている「レモン」などの柑橘類が酸っぱい理由は「クエン酸」です。

柑橘系果物の多くには「クエン酸」が含まれています。

緑黄色野菜のカリフラワー・ブロッコリーや、焼き海苔などにも多くのビタミンCが含まれていますが酸っぱくありません。

ビタミンCを含む商品のパッケージは黄色いので、ビタミンCは黄色いというイメージがあります。

ビタミンCは黄色ではなく、本来の色は無色透明です。

サプリメントなどのように粉末になっていると「白色」になっています。

次に、ビタミンCの効能・ビタミンCを多く含む食品、などの紹介をします。

 

ビタミンCの効能

 

059085dc1d45975d7616d861b50c2da0_t

 

ビタミンc は酸っぱいこともなく、ビタミンcは黄色でもありません。

人はビタミンC(アスコルビン酸)を体内で合成できません。

体に必要なビタミンCは、すべて食事などによって外部から摂取する必要があります。

人を含む類人猿以外の多くの動物は、ビタミンCを生体内で生合成できます。

体内でビタミンCを合成できないのは、人・サル目の一部・モルモットなどだと考えられています。

ビタミンCの効能・効果では、

コラーゲンの合成・鉄の吸収アップ・抗ストレス作用・副腎皮質ホルモンの合成サポート・抗酸化作用・黒色メラニンの合成抑制などが知られています。

他にも、壊血病、メルレルバロー病などの、ビタミンC欠乏症の予防及び治療に使われています。

消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時などの補給にも使われています。

他の効果・効能には、

・毛細管出血(鼻出血,歯肉出血,血尿など)

・薬物中毒、副腎皮質機能障害

・骨折時の骨基質形成

・骨癒合促進

・肝斑、雀卵斑

・炎症後の色素沈着

・光線過敏性皮膚炎、などがあります。

次に、ビタミンCタップリの食品、などの紹介をします。

 

ビタミンCタップリの食品

 

ビタミンcは酸っぱいことはありません。

ビタミンcの色は無色透明です。

ビタミンCタップリの食品を紹介します。

・赤ピーマン・ケール・モロヘイヤ・黄ピーマン・ピーマン・ししとうがらし

・にがうり(ゴーヤ)・きょうな(水菜)・パセリ・ブロッコリー・芽きゃべつ

・カリフラワー・かぶ(葉)・ かいわれだいこん・レッドキャベツ・つまみ菜

・からし菜漬け・かぶの葉のぬか漬・なすのからし漬

・いちご・ゆず(果皮)・アセロラジュース・きんかん・柿・レモン

・キウイフルーツ・パパイヤ

・ベーコン(ロース)・ハム(ロース)・ハム(ボンレス)

・せん茶の茶葉・焼きのり・味付けのり・抹茶(粉)・めんたいこ

・あおのり(乾)・フライドポテト・わかめ・とろろこんぶ、などです。


PAGE TOP