肉まんと豚まんの違い、境界線

Sponsored Link

どこのコンビニの「肉まん」が好きですか。

「肉まん」と似たような美味しい中華まんに「豚まん」がありますが、肉まんと豚まんの違いが分かりますか?

「豚まん」と「肉まん」の違いの境界線はどこにあるのでしょうか。

「肉まん」や「豚まん」と呼ばれる美味しい饅頭は、「中華まん(ちゅうかまん)」に含まれます。

「中華まん」とは、小麦粉・水・砂糖・酵母・ベーキングパウダーなどをこねてから発酵させて作った柔らかい皮に、様々な具を包みこんで蒸した饅頭のことです。

「中華まん」は、皮の中の具の種類などによりそれぞれ個別の名称があります。

日本で人気がある「中華まん」には、肉まん・あんまん・豚まんなどがあります。

コンビニやスーパーや中華まん屋さんでは、いろいろな具を包んだ「中華まん」を買うことができます。

 

次に、中華まんのこと・肉まんと豚まんの違い・豚まんと肉まんの境界線・人気の中華まん、などの紹介をします。

 

中華まん

 

c942e14b60ba0da61d66c272f90b6f3e_t

 

肉まんと豚まんの違いを知るために「中華まん」の概要を紹介します。

「中華まん」は、中国の三国時代に「蜀漢」の宰相の「諸葛亮」が作らせたことが始まりとされています。

「中華まん」は料理ですが、餡子(あんこ)などを用いた和菓子の饅頭(まんじゅう)のルーツにもなっています。

日本で最初に「中華まん」が登場した時期には諸説あります。

神戸中華街(南京町)の「老祥記」の先代の話では、1915年に「豚饅頭」として売り出した中国包子が日本の「中華まん」の始まりとしています。

只、この「中国包子」が現在の日本の「中華まん」と同一かどうかは定かではありません。

中華街などの専門店や一部の中華料理店では、本場中国の中華まんが売られていましたが日本人の好みには合わなかったとされています。

中華街に伝わった「中華まん」が、各地の日本人に食べられるようになったのは大正時代~昭和時代の頃からだと考えられています。

現在では、中華料理店・スーパー・コンビニ・小さな中華食品のお店の、人気の商品となっています。

日本の家庭で中華まんを作ることは少ないですが、チルドや冷凍食品は多く販売されています。

次に、肉まんと豚まんの違い・豚まんと肉まんの境界線・人気の中華まん、などの紹介をします。

 

肉まんと豚まんの違い

 

S0002S

 

肉まんと豚まんの違いの概要を紹介します。

「肉まん」と「豚まん」は、違いが難しい「中華まん」です。

関東地方と関西地方での呼び方の違いとする説が有力です。

関西地方(近畿地方)では「豚まん」と呼び、その他の地域では「肉まん」と呼ばれているようです。

関東を含む東日本では「肉まん」と呼ぶのが一般的です。

近畿地方以外の西日本でも東日本と同じく「肉まん」派が多くなります。

近畿地方で肉といえば牛肉を指す傾向が強いので、あえて「豚まん」と呼ぶと言われています。

只、最近のコンビニエンスストアでは「肉まん」と「豚まん」が並んで売られていることがあります。

「肉まん」と「豚まん」の違いは関東と関西での呼び方の違いだけでしょうか。

「豚まん」と「肉まん」の違いの境界線は呼び方という説は正しいですが、ほかにも違いがあるようです。

最近のコンビニなどで販売されている「肉まん」と「豚まん」には違いがあります。

コンビニで「肉まん」と「豚まん」が売られているときには、「豚まん」は豚肉のみを使用した豚肉本来の味を強調した中華まんになります。

「肉まん」も豚肉を使っていますが、牛肉や鶏肉エキスなども配合して複雑なうまみを出すなどの工夫がされているようです。

コンビニで豚肉本来の味の中華まんを買うなら「豚まん」を選んだ方がよさそうです。

 

人気の中華まん

 

肉まんと豚まんの大きな違いは関東と関西の呼び方になるようです。

一般的には、近畿地方で「豚まん」、それ以外の地域の「肉まん」と呼ばれています。

豚まんと肉まんの違いには味の境界線もあります。

「肉まん」は、豚肉に加えて牛エキス・鶏エキスを加えて複雑な旨味を味わえます。

「豚まん」は、豚肉本来の旨味を味わえます。

最近のコンビニにはいろいろな「中華まん」があります。

人気がある中華まんは、「肉まん」・「豚まん」・「小豆餡のあんまん」・「ピザまん」・「カレーまん」などです。

コンビニや各地の中華まん屋さんには、多様な変り種の中華まんも販売されています。


PAGE TOP