ガッテンで紹介された甘いトマトの見分け方・選び方

Sponsored Link

甘いトマトの見分け方・選び方を知っていれば美味しいトマト料理を楽しめます。

トマトの種類は8000種類以上あります。

日本では約120種類が栽培されています。

トマトは日々の品種改良で新しい品種がつぎつぎに生まれています。

トマトは大きさや色によって生食用とケチャップなどの加工用に分けられています。

トマトの色には、ピンク色系・赤色系・緑色系があります。

ピンク色系のトマトは薄い赤やピンク色で、皮が薄く香りが弱いのが特徴です。

ピンク色けいのトマトは生食用が多いようです。

赤色系の濃い赤色をしたトマトは皮が分厚く香りが強いのが特徴です。

赤色系はケチャップなどの加工品用のトマトとして重宝されています。

緑色系のトマトには、白・黄・緑・褐色などやしま模様をした種類もあります。

緑色系は酸味が強いのでサラダなどで食べられることが多いようです。

トマトは大きさによって3つに区分されます。

150g以上は大玉トマトに区分されます。

40~150g程度は中玉トマト(ミディトマト)に区分されます。

40g以下は小玉トマト(ミニトマト・プチトマト)に区分されます。

野菜やフルーツの甘みは「糖度」を指標に使います。

トマトの糖度は糖用屈折計で図ることができます。

糖度とは、糖分の量を%で示したものです。

トマトの糖度は、普通のトマトで4~5%・甘いトマトで8~10%程度になります。

 

次に、甘いトマトの見分け方・選び方の紹介をします。

 

トマトの選び方

 

4413503973_1fc720bc6d_o

 

甘いトマトの見分け方・選び方のまえに一般的なトマトの選び方を紹介します。

トマトの選び方では3つのポイントがあります。

・トマトの見た目がキレイ

・トマトを触った感じが良い

・トマトにずっしりとした重さを感じるなどです。

トマトを手に取った時に、見た目と触った感じと重さを感じながら、ヘタの緑色や状態を観察します。

ヘタが元気な緑色でムラのない深い赤色をしたものを選べば間違いありません。

トマトは4~5月頃が美味しいと言われています。

 

フルーツトマトと普通のトマト

 

fd400575

 

甘いトマトは普通のトマトと比べて糖度が違います。

甘いトマトは普通のトマトと区分されてフルーツトマトと呼ばれています。

普通のトマトの糖度が4~5%程度なのに比べて、フルーツトマトの糖度は8%以上になります。

フルーツトマトは品種が違うのではなく栽培方法の違いです。

普通のトマトを水を限界まで与えない状態で栽培したのがフルーツトマトです。

フルーツトマトは小粒ですが甘くて美味しいトマトになります。

フルーツトマトは普通のトマトに比べて糖度が高いだけでなく、日持ちがする特徴もあります。

フルーツトマトである甘いトマトの見分け方・選び方も普通のトマトの選び方と同じです。

 

普通のトマトの3倍の糖度

 

フルーツトマトの中には普通のトマトの3倍の糖度を誇るものもあります。

「星のしずく」というフルーツトマトの糖度は12%」もあります。

鉄分やビタミンCも高く、普通のトマトの3倍程度あります。

フルーツトマトの「星のしずく」は2005年に商標登録をされている注目の甘いトマトです。

「星のしずく」などの甘いトマトの見分け方・選び方のポイントは4つです。

・見た目の美しさ

・触った感じ

・ずっしりとした重さ

・ヘタの緑色などです。

 


PAGE TOP