甘平みかんの価格とふるさと納税で入手可能な市町村

Sponsored Link

甘平みかんが注目されています。

ふるさと納税で甘平みかんをお礼にもらった人もいるようです。

「みかん」の栄養成分には、ビタミンA(カロチン)・ビタミンC・ビタミンP・カリウム・ペクチンがあります。

「みかん」のビタミンC含有量は100g中35mgです。

1日3個の「みかん」を食べれば1日の必要量のビタミンCを摂取できます。

「みかん」にはクエン酸や食物繊維も豊富に含まれています。

「みかん」の袋・皮・皮の内側の白いすじには栄養成分が含まれています。

食物繊維は袋に多く含まれています。

皮の内側のすじにはビタミンB・ビタミンCが豊富に含まれています。

漢方薬では「みかんの皮」を「陳皮(チンピ)」として使っています。

七味唐辛子には細かく刻んだ陳皮が使われています。

陳皮は風邪の薬として古くから重宝されてきました。

陳皮は、「みかん」の皮を天日干しして乾燥させるだけなので家庭でも簡単に作れます。

陳皮を作って常備すれば、薬味や香辛料として使えます。

風邪のひきはじめであれば刻んだ陳皮(5~10g程度)に熱湯を注いで飲むと改善できます。

のどの痛みや“せき”には、陳皮と生姜を煎じて蜂蜜を入れて飲むと改善できます。

“おかゆ”に陳皮を入れれば美味しそうな香りで食欲もでます。

食物繊維が多い「みかん」は便秘改善にも役立ちます。

便秘改善に「みかん」を食べるときには袋も一緒に食べるのがポイントです。

食物繊維が多いみかんの袋と、腸を刺激するクエン酸の働きで便秘が改善します。

「みかん」に含まれているペクチンにはコレステロールを分解する働きがあります。

また、カリウムには血液を弱アルカリ性にする働きがあります。

ペクチンとカリウムが含まれている「みかん」には動脈硬化や高血圧の改善に役立ちます。

「みかん」に含まれているビタミンPには毛細血管を破れにくくする働きがあるので脳卒中が心配な中高年におススメします。

 

次に、愛媛県特産品の甘平みかんの味・特徴・価格やふるさと納税の市町村の紹介をします。

 

甘平みかん

 

515RJaUBKjL._SX425_

 

甘平(カンペイ)みかんの特徴は、甘み・酸味・果汁・食べやすさ・Lサイズ(φ7.3~8cm)です。

外果皮は薄くて柔らかく、内果皮は薄くて柔らかくなっています。

実のつぶつぶは堅くてプリプリです。

内皮(じょうのう膜)は薄くて柔らかくなっています。

甘平(カンペイ)は愛媛県の果樹試験場で誕生して2007年に品種登録された新品種です。

甘平(カンペイ)は「西の香」と「ポンカン」を交配してつくられました。

 

カンペイ

 

deta

 

甘平(カンペイ)みかんには、薄い外皮の中にあまい果肉がギッシリ詰まっています。

カンペイには種がほとんどないので外果皮をむいてそのまま食べられます。

新品種柑橘のカンペイは、外果皮・内果皮・袋が薄いので育てるが大変だそうです。

夏~秋に雨が少ない環境になると皮が割れます。

栽培が難しいので生産量が少なく高価なのが現状です。

生産管理が進歩して生産量が増えれば手軽に安価でカンペイを食べられる日が来ますね。

 

甘平みかんのふるさと納税

 

2015年には甘平(カンペイ)みかんを愛媛県の愛南町(あいなんちょう)のふるさと納税のお礼の品になっていました。

現在の愛媛県・愛南町の柑橘類系のふるさと納税のお礼の品は、愛南ゴールド・ポンカン・ひめのつき・はるか・清見タンゴールなどです。

2017年の3月時点ではふるさと納税のお礼の品の中に甘平(カンペイ)みかんはありませんでした。

只、お礼の品に甘平(カンペイ)みかんが入ることもあるので、愛南町(あいなんちょう)のホームページのチェックは欠かせませんね。

 


PAGE TOP