酢しょうがダイエットの方法と作り方※効果はある?!

Sponsored Link

「酢しょうが」をダイエットに利用している人も多いようです。

健康・美容効果が期待できる「酢しょうが」の作り方を知っていればキレイ美人つくりに役立てられます。

生姜には香り成分のシネオールが含まれています。

シネオールには食欲増進の働きがあるとされています。

シオネールは疲労回復や夏バテ解消に役立つだけでなく、健胃・解毒・消炎作用も期待されています。

生姜の辛味成分は、ジンゲロールとショウガオールです。

生姜の辛味成分(ジンゲロール・ショウガオール)には強い殺菌作用があることが知られています。

鮨に付いている「ガリ」は、ジンゲロール・ショウガオールの殺菌作用を活かしたものだと考えられます。

ジンゲロール・ショウガオールには、ガン予防効果も期待されています。

ショウガオールには、身体を温めて新陳代謝を活発にする働きもあります。

ショウガオールが血行を促進して新陳代謝を活発にして体を温めます。

ジンゲロールは加熱すればショウガオールに変化します。

そのため、生姜は生のままよりも乾燥させた方が加熱調理するので身体を温める効果が大きくなるとされています。

生姜の温め効果を高めるには、生姜湯・味噌汁などの加熱する料理などに使うと良いですね。

生姜は料理の食材の臭い消しや、脂の酸化防止などにも使われています。

その生姜を使った「酢しょうが」でダイエットしませんか。

 

次に、「酢しょうが」の作り方や「酢しょうが」を使ったダイエットなどの紹介をします。

 

生姜で肥満改善

 

pr00076

 

「酢しょうがダイエット」を始めるには「酢しょうが」の作り方を知らなければいけません。

生姜に含まれるシオネール・ジンゲロール・ショウガオールなどの成分を健康・美容に役立てませんか。

「酢しょうがダイエット」は摂取するだけなので簡単です。

肥満は生活習慣病です。

脳卒中・心臓病・高血圧・脂質異常症・糖尿などの生活習慣病の原因にもなります。

内臓脂肪や皮下脂肪が多い肥満を改善する基本は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを整えることです。

消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らせば肥満は改善します。

「酢しょうが」に含まれている成分が、消費カロリー>摂取カロリー効果をアップします。

 

酢しょうがダイエット

 

DSC_1807

 

「酢しょうがダイエット」では、酢に含まれる成分と生姜に含まれている成分を肥満改善に役立てます。

酢には、酢酸・アミノ酸が含まれています。

酢酸は酢の主成分です。

酢酸は体内に入るとクエン酸になります。

体内に入った酢酸がクエン酸になることでクエン酸サイクルを活発にします。

クエン酸サイクルとは、細胞内で新しいエネルギーを作る工程です。

クエン酸サイクルが活発になることで肥満の元の内臓脂肪や皮下脂肪を燃やします。

生姜には代謝と血流を改善するシオネール・ジンゲロール・ショウガオール成分が含まれています。

ダイエット効果が期待できる酢と生姜のブレンドで肥満改善が期待できます。

ダイエット成功のために「酢しょうが」の作り方を紹介します。

 

「酢しょうが」の作り方

 

「酢しょうがダイエット」に必要な「酢しょうが」の作り方を紹介します。

「酢しょうが」に使う材料は、酢100ccに対して生姜100g・ハチミツ20gになります。

「酢しょうが」を作る容器は口が大きなものをおススメします。

「酢しょうが」を作るときの「酢」には決まりはありません。

米酢でも黒酢でもOKです。

酢を選ぶときはアミノ酸が豊富なタイプを選べば健康・美容効果のアップが期待できます。

生姜は皮ごと使います。

1mm程度にスライスしてもすりおろしてもOKです。

スライス&すりおろした生姜を容器に入れて酢とハチミツを入れて一晩浸ければ完成です。

「酢しょうが」を摂るタイミングは食後にオススメします。

食前だと酸味によって食欲を刺激されて食べすぎてしまう場合があります。

 


PAGE TOP