チーズの保存方法と栄養 常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

正しいチーズの保存方法を知っていれば美味しいチーズを食べられます。

チーズをつくる材料は、生乳・凝乳酵素になります。

凝乳酵素とは、生乳のタンパク質を固める酵素のことです。

チーズの作り方は、温めた生乳に凝乳酵素を加えて重しをかけてホエイを抜きます。

ホエイとは生乳内の水分になります。

一般的にはチーズとは熟成やカビが関係していると思いますが、熟成させていなくてもカビをつけなくてもチーズになります。

熟成やカビをつけない生乳・凝乳酵素だけでつくられたチーズはフレッシュチーズと呼ばれています。

フレッシュチーズにはクリームチーズやモッツアレラチーズなどがあります。

コクのある豆腐のようなチーズなので日本人好みで料理やおやつに食べられています。

チーズにこだわりがある人には物足りないと感じるようです。

チーズにはナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。

ナチュラルチーズは発酵が進行中のチーズです。

ヨーロッパからの輸入チーズの大部分はナチュラルチーズになります。

国産のチーズではカマンベールチーズやモッツアレラチーズになります。

ナチュラルチーズは時間の経過とともに味が変化するので、チーズの味の変化を楽しみたいチーズ好きの人に好まれています。

プロセスチーズは一度チーズを熱で溶かして再加熱しているので発酵が止まっています。

そのため、プロセスチーズの味は時間が経過しても味は変わりません。

 

次に、チーズの栄養やチーズの保存方法・常温・冷蔵・冷凍などの紹介をします。

 

チーズの成分と栄養

 

large_925766_1

 

チーズの保存方法を知っていれば美味しく食べられます。

チーズには豊富な栄養成分が含まれています。

チーズの成分は、タンパク質・脂質・ビタミン類・ミネラルになります。

ビタミンは、ビタミンA・ビタミンB2などになります。

100gのチーズをつくるのに1000mlの生乳を必要とします。

チーズ100gには10倍の生乳の栄養成分が含まれています。

ナチュラルチーズには“白い肉”と呼ばれるほど豊富な栄養素が含まれています。

良質なたんぱく質が豊富に含まれているので牛乳が苦手な人におススメします。

 

チーズの保存方法・常温保存・冷凍保存

 

caman01

 

チーズの保存方法の中では常温保存はおススメできません。

室温や湿度でも変わりますが、直射日光か当たらない風通しの良い冷暗所に常温保存した場合でも1日が限度だと考えられます。

美味しいチーズでも腐らせては残念です。

チーズを購入したら冷蔵保存にしましょう。

チーズは冷凍保存にも向きません。

一度冷凍したチーズは加熱しなければ美味しく食べられません。

冷凍することでチーズの組織が壊れてしまうのが原因です。

例えでは、一度溶かしたアイスクリームを再度冷凍したイメージに近くなります。

チーズ本来の美味しさを楽しみたいのであれば冷凍保存ではなく冷蔵保存にしてください。

 

チーズの保存方法・冷蔵保存

 

チーズの保存方法では冷蔵保存が向いています。

冷蔵保存するときには乾燥予防をして野菜室に入れてください。

切り口をラップで包んだチーズを密閉容器に入れて、湿度が高い野菜室に保存します。


PAGE TOP