ほうれん草はどんな料理であく抜きが必要?あく抜き方法は?

Sponsored Link

ほうれん草は上手にあく抜きすれば美味しく食べられます。

ほうれん草は、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の緑黄色野菜です。

ほうれん草は、冷涼な地域や冷涼な季節に栽培されることが多い野菜です。

冷え込むと軟らかくなり、味が良くなる特徴があります。

ほうれん草はアクが多いので、下ゆでなどの下処理がポイントになります。

ほうれん草は、 和食ではおひたしや胡麻和え・白和えといった和え物や鍋物に利用されます。

洋食では、ソテーやオムレツの具・キッシュ・裏ごししたものを使ったポタージュなどに用いられます。

一般家庭では、ほうれん草の炒り卵・ほうれん草炒め・ほうれん草のラー油和え・ほうれん草とウインナー炒めなどの調理で使われています。

 

次に、ほうれん草の栄養成分や下処理のあく抜き方法などの紹介をします。

 

ほうれん草

 

4f8f27360f79490f2bf4214639d70f93-746x600

 

 

ほうれん草を上手にあく抜きして美味しく食べませんか。

ほうれん草は栄養価の高い緑黄色野菜として人気があります。

50代以上の人には、テレビアニメの「ポパイ」が食べていた「ほうれん草の缶詰」が懐かしいのではないでしょうか。

「ほうれん草の缶詰」を食べてパワーアップした「ポパイ」が「ブルート」から「オリーブ」を助けるシーンに夢中になっていた人も多いですね。

最近の、ほうれん草は昔よりも“アク”が強くないので食べやすくなっているようです。

ほうれん草は上手にあく抜きすれば美味しく食べられます。

栄養価の高い緑黄色野菜なので美味しく調理して子供に食べさせましょう。

 

ほうれん草の栄養成分

 

93f2080bc29455ff0d737231a52d498d3da5331b.11.2.3.2

 

 

ほうれん草を上手にあく抜きして、美味しく栄養成分を摂りたいですね。

ほうれん草には、βカロテン・ビタミンC・ビタミンB群・ビタミンEや鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

栄養価の高さではトップランクの緑黄測野菜です。

ほうれん草は、

・便秘や腸内フローラ改善・デトックス・鉄分不足・貧血改善

・老化予防・高血圧・生活習慣病予防・血行不良・冷え性・むくみ

・風邪予防・目の疲れなどにおススメします。

 

ほうれん草の上手なあく抜き

 

ほうれん草の上手なあく抜き方法を紹介します。

新鮮なほうれん草を購入したら切らないで洗います。

大きめの鍋の水を沸騰させてひとつまみの塩を入れます。

根の部分を下にして沸騰したお湯に入れます。

お湯に付けた根が柔らかくなったらザルにあげて冷水にさらします。

冷水でさらしたらスグに上げます。

下ゆでしてさらしたほうれん草は握るような感覚で水をしぼります。


PAGE TOP