小松菜はどんな料理であく抜きが必要?あく抜き方法は?

Sponsored Link

小松菜をあく抜きをしないでも美味しく食べられます。

小松菜はアブラナ科の野菜です。

小松菜の別名は「冬菜(フユナ)」・「鶯菜(ウグイスナ)」などです。

小松菜はツケナ類の一種で、江戸時代初期に江戸川区小松川付近で栽培され始めたといわれています。

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県などの首都圏で親しまれている野菜です。

関東地方では古くから食べられていた野菜です。

現在では関西圏や九州地域の大都市近郊でも生産されています。

冬が旬の耐寒性が強い野菜です。

現在はハウス栽培の進歩で1年を通して栽培・収穫が可能になっています。

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県などの首都圏では、小松菜とハクサイは冬の野菜の代表格です。

小松菜は東京風の雑煮には欠かせない野菜として親しまれています。

小松菜は灰汁(あく)が少ない扱いやすく食べやすい野菜です。

あっさりした味わいと調理の手軽さからホウレンソウより料理の用途は広く、味噌汁・鍋料理・おひたし・炒め物等で使用されています。

味噌や醤油だけでなくバターやクリームとの相性もよいので洋風料理にも使われています。

 

次に、小松菜のあく抜き・栄養成分・効能などの紹介をします。

 

小松菜のあく抜き

 

yjimageVZ49EGL7

 

 

小松菜は灰汁(あく)が少ない野菜なのであく抜きの必要はありません。

野菜の中には灰汁(あく)抜きが必要なものもたくさんあります。

ゴボウやサツマイモのあく抜きは、酵素による褐変反応予防のためにおこないます。

ほうれん草の灰汁(あく)抜きはえぐ味・渋みを減らすためにおこないます。

小松菜には灰汁(あく)成分のシュウ酸の含有量が少ないので、えぐ味・渋みを感じることはありません。

小松菜には少なくてもシュウ酸が含まれているので、人によってはえぐ味・渋みを感じる人もいるかもしれません。

えぐ味・渋みが気になる人は、小松菜を調理の前に水に浸けておきましょう。

シュウ酸は水に溶けやすい性質があります。

水に浸ければえぐ味・渋みの原因であるシュウ酸(灰汁)を減らせます。

 

小松菜の栄養成分

 

yjimageD551UH5T

 

 

小松菜にはシュウ酸(灰汁)の含有量が少ないのであく抜きの必要は感じませんが、えぐ味・渋みが気になる人は調理前に水に浸けることをおススメします。

小松菜には、βカロテン・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類・カルシウムや鉄分などのミネラル類・食物繊維が豊富に含まれています。

カルシウムや鉄分などはほうれん草の倍以上も含まれています。

小松菜のカルシウムの含有量は野菜類のトップクラスです。

骨の結成に必要なビタミンKも含まれているので、骨粗鬆症が気になり始める中高年の女性におススメの野菜です。

 

小松菜をおススメしたい人

 

小松菜にはシュウ酸(灰汁)の含有量が少ないのであく抜き不要で調理できます。

カルシウムや鉄分が豊富に含まれている野菜なので、成長期の子供や骨粗鬆症が気になる中古年女性におススメの野菜です。

小松菜をおススメしたい人は、

・骨や歯を丈夫にしたい

・骨粗鬆症予防

・イライラ改善

・貧血の予防改善

・妊娠中の栄養補給

・むくみ改善

・血圧改善

・老化予防

・免疫力向上などに気を付けている人です。

 


PAGE TOP