コーヒーは中性脂肪を下げるメカニズムは?お茶と違う?

Sponsored Link

中性脂肪を下げるにはコーヒーを飲めば良さそうです。

健康診断の血液検査で中性脂肪値が高くなっていませんか。

中性脂肪値が高い状態は脂質異常症のリスクが高まります。

脂質異常症とは、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールのLDLが増えて善玉コレステロールのHDLが少なくなる病気です。

脂質異常症は昔“高脂血症”と呼ばれていた病気になります。

脂質異常症は生活習慣病です。

生活習慣病には脂質異常症・心臓病・脳卒中・高血圧・心臓病・肥満などがあります。

脂質異常症はいわゆるドロドロ血の状態になっています。

中性脂肪値が高い脂質異常症には自覚症状はほとんどありません。

脂質異常症の患者は3200万人(潜在患者を含めて)もいるとされています。

50代以上の女性の半数が脂質異常になるのではと考えられています。

脂質異常症を放置すると動脈硬化のリスクが高まるので注意が必要です。

 

次に、中性脂肪値が高い病気・中性脂肪値を下げる対策・中性脂肪を下げるコーヒーなどの紹介をします。

 

中性脂肪が高い病気

 

Hea30-1

 

 

中性脂肪値が高い病気は脂質異常症です。

脂質異常症を診断する基準は空腹時の血液検査値で判定されます。

・高LDLコレステロール血症は、LDLコレステロールが140mg/dL以上の状態です。

・低HDLコレステロール血症は、HDLコレステロールが40mg/dL未満の状態です。

脂質異常症は動脈硬化のリスクを高めます。

動脈硬化は心臓病や脳卒中のリスクを高めます。

心臓病や脳卒中は生活の質(QOL)を低下させるので、中性脂肪値の高値には注意が必要です。

動脈硬化は中性脂肪の増加・LDLの増加・HDLの減少によって進行が加速する病気です。

動脈硬化で動脈の血管が硬くなって血管の内側に脂肪や細胞が付着して血管が狭くなると非常に危険です。

中性脂肪値を下げる食品にはコーヒーがあります。

 

中性脂肪値を下げる対策

 

IMG_6479

 

 

中性脂肪値・LDL値の高値とHDL値の減少は動脈硬化に繋がります。

心臓病や脳卒中のリスクを下げるために、中性脂肪値を下げるコーヒー他の食品を役立ててください。

中性脂肪値の低減には、運動習慣と食生活の改善が効果あります。

運動では「無酸素運動」よりも「有酸素運動」をおススメします。

メタボ改善やダイエットに有効な「有酸素運動」は中性脂肪値低減に役立ちます。

有酸素運動には、早足散歩・ジョギング・サイクリング・水泳などになります。

食生活では、動物性脂肪や糖質(炭水化物)を摂り過ぎないことが大切になります。

 

中性脂肪を下げるコーヒー

 

中性脂肪を下げる食品にコーヒーがあります。

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインは医薬品でもダイエットの補助剤に使われています。

カフェインには脂肪を燃焼させる働きがあります。

カフェインが胃液の中に含まれる脂肪分解酵素(リパーゼ)の働きを活発にして、脂肪を分解燃焼させるからです。

カフェインの脂肪分解サポートによって、効率的に脂肪を燃焼させてメタボ改善やダイエットに役立ちます。

中性脂肪値を下げるためには、

・運動する前後にコーヒーを飲む

・食事の前にコーヒーを飲むことをおススメします。

中性脂肪値の低減に効果があるといっても、コーヒーの飲み過ぎには注意してください。

コーヒーは一日3杯までが良さそうです。

濃いブラックコーヒーは、胃炎や胃潰瘍の原因にもなるので注意してください。


PAGE TOP