にんにくの保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

にんにくの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

にんにくの漢字表記には、「蒜」・「大蒜」・「葫」・「忍辱」などがあります。

にんにくは、はヒガンバナ科ネギ属の多年草になります。

にんにくには、肉の臭みを消して食欲をそそる香味があります。

にんにくは代表的な香味野菜です。

にんにくは、中国料理・韓国料理・イタリア料理・フランス料理などのいろいろな国の料理で活用されています。

中華料理では、球根だけでなく葉にんにく・にんにくの芽も香味野菜として利用されています。

中華料理やイタリア料理では、ニンニクのみじん切りを炒めて油に香りを移す調理法が多いようです。

油ににんにくの香りを移すには、冷たい油ににんにくを入れて弱火で炒めるのがポイントになります。

にんにくの加工品としては「ガーリックパウダー」が良く知られています。

「ガーリックパウダー」は、皮をむいたニンニクの球根を乾燥させて粉末状にしたものです。

乾燥させることで生よりも臭気を抑えられるので、ガーリックトースト他いろいろな料理に利用できます。

 

次に、にんにくの栄養成分・常温・冷蔵・冷凍保存方法を紹介します。

 

にんにくの栄養成分

 

e51m_7786

 

にんにくの保存方法には常温・冷蔵・冷凍保存があります。

にんにくには注目のアリシンとアホエンが含まれています。

アリシンには、

・強力な殺菌力・ビタミンB1の活性化・インスリン分泌のサポート

・赤血球増加のサポート・タンパク質の消化サポート・抗がん作用

・消炎効果などがあります。

アホエンには、

・コレステロールの改善・血液サラサラ・脳の活性化・痛風予防

・活性酸素の減少・疲労回復・ストレス回復などの働きがあります。

 

にんにくの常温保存方法

 

al-4-760

 

にんにくの保存方法には常温保存があります。

にんにくの常温保存では、直射日光が当たらない風通しが良い湿度が低いところを選びます。

風邪通しが良い日陰の湿度の低いところに吊るしておくと長持ちします。

常温保存の期間は2~4週間程度になります。

 

にんにくの冷蔵・冷凍保存方法

 

にんにくの保存方法には冷蔵・冷凍保存方法があります。

冷蔵保存すれば長期保存できます。

冷蔵保存するときには、にんにく玉のまま個々に新聞紙に包んで野菜室で保存します。

冷蔵保存した場合の賞味期限は1ヶ月以上になります。

冷凍保存する場合は、小房に分けてフリーザーバックにいれて冷凍保存します。

冷凍保存したにんにくは、解凍しないで料理に使います。

冷凍保存したにんにくの賞味期限は、1ヶ月~数ヶ月になります。

にんにくは基本的に長期保存が可能な食材なので正しく保存すれば、長期間美味しく食べられます。


PAGE TOP