チンゲン菜の保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

ちんげん采の保存方法を知っていれば美味しい葉野菜を楽しめます。

ちんげん采はアブラナ科アブナラ属の中国野菜です。

ちんげん采の和名はタイサイ(体菜)です。

ちんげん采の葉は緑色で軸の部分は淡緑色です。

アクが無くやわらかく歯切れが良いのが特徴です。

煮崩れない野菜なので、炒め物・スープ・煮込み料理に使われます。

白軸のものはパクチョイ・しろ菜と呼ばれます。

原産地は中国華南地方で、日本に入ってきたのは1970年代の日中国交回復の頃だとされています。

ちんげん采は白菜などと同じ仲間の不結球タイプの野菜です。

葉柄部分は、加熱してもシャキシャキした良い歯ざわりが残るので中華料理でよく使われます。

ハウス栽培によって1年中店頭に並んでいます。

家庭でも栽培できるので露地栽培やプランター栽培をしている人も多いようです。

ちんげん采の栄養素には、

・ビタミンA・ビタミンC・β―カロテン・カルシウム

・カリウム・鉄分・食物繊維などがあります。

ちんげん采に含まれているβ―カロテンには抗発ガン作用や免疫賦活作用があります。

 

次に、ちんげん采の常温・冷蔵・冷凍保存方法の紹介をします。

 

ちんげん采の保存方法

 

vaf_00026

 

ちんげん采の保存方法には、常温・冷蔵・冷凍保存が考えられます。

ちんげん采を保存しながら食べるには新鮮で元気なものを選びましょう。

ちんげん采を選ぶポイントは、

・葉が鮮やかな緑色・葉も茎も肉厚・葉の幅が広い・茎は短くどっしり

・株の根元のふくらみ・切り口の変色などです。

ちんげん采は根元がふっくらしていると甘みがあります。

葉の色が濃いのはアクが強い可能性があります。

傷みやすい葉野菜なので、ちんげん采の常温保存はおススメできません。

 

ちんげん采の冷蔵保存方法

 

vegetable_komatsuna

 

ちんげん采の保存方法には冷蔵保存があります。

冷蔵保存する時には、購入した際の包装のままか、ポリ袋に入れてから野菜室に保存します。

冷蔵庫の野菜室に保存する時には、ペットボトルや保存容器などに立てて保存します。

野菜室に冷蔵保存したちんげん采の保存期間(賞味期限)は約1週間です。

葉野菜は傷みやすいので早めに調理して食べましょう。

 

ちんげん采の冷凍保存方法

 

ちんげん采の保存方法には冷凍保存もあります。

生のままのちんげん采を冷凍保存するときには、食べやすい大きさに切って冷凍庫に入れます。

カットしたちんげん采を冷凍用保存袋に入れて中の空気をよく抜いて保存します。

生のままのちんげん采を冷凍保存した場合の保存期間(賞味期限)は約1ヶ月です。

冷凍したちんげん采は解凍しないでそのまま調理に使います。

中華風炒めもの・煮物・スープなどの加熱料理で美味しく食べられます。

 


PAGE TOP