バターの賞味期限と長持ちする保存方法

Sponsored Link

バターには賞味期限があるのでしょうか。

バターの保存方法では常温保存・冷蔵保存・冷凍保存のなかでどれが正しいのでしょうか。

バターは牛乳から分離したクリームを固めた食品になります。

バターは常温では少し黄色味をおびた白色の固体です。

バターには、牛乳と同じくカルシウム・カリウム・マグネシウムなどのミネラル類やビタミンA・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンD・ビタミンKなどのビタミン類を豊富に含んでいます。

バターにはいろいろな種類の脂肪酸が含まれています。

パルチミン酸・オレイン酸・ミスチン酸・ステアリン酸などです。

いろいろな脂肪酸を含んでいるバターには次のような性質があります。

・酸化をして劣化しやすい

・冷やすと固くなる

・15℃前後で可塑性状態になる

・20℃以上で柔らかくなる

・30℃前後で溶け始める

・40℃程度で液体になるなどです。

栄養成分豊富なバターを上手に保存して美味しく食べませんか。

 

次に、バターの種類・バターの賞味期限・バターの保存方法などの紹介をします。

 

バターの種類

 

29338ab2064967f2ddc81a3136158a2e_t

 

バターの種類・バターの賞味期限・バターの保存方法を知っていれば、美味しくバターを食べられます。

バターには2つのタイプがあります。

バターを2つに分けると有塩バターと無塩バターになります。

有塩バターの種類には、発酵有塩バターと無発酵有塩バターがあります。

無塩バターのことを最近は食塩不使用バターと呼んでいるようです。

無塩バター(食塩不使用バター)には、発酵無塩バター(発酵食塩不使用バター)と無発酵無塩バター(無発酵食塩不使用バター)があります。

日本では発酵バターはほとんど流通していません。

日本で市販されている一般的なバターは無発酵有塩バターになっています。

 

バターの保存方法

 

howto_proserve-butter2

 

バターの種類は有塩・無塩・発酵・無発酵タイプに分けられます。

バターの賞味期限はパッケージに表示してあります。

バターの保存方法には常温・冷蔵・冷凍保存方法が考えられます。

バターは大部分が油脂分なので28~33℃の室温で溶けます。

温度が高い状態で保存すると酸化しやすくなるので、気温が高い地域では常温保存はできません。

バターは溶けると成分と油が分離してカビが生えやすくなります。

バターを美味しく保存するには冷蔵保存が適切です。

 

バターの冷蔵保存

 

バターの賞味期限は適切な保存をした場合なので、バターの保存方法が適切でなければ賞味期限は短くなります。

バターの保存適温は2~6℃です。

バターは冷蔵庫での冷蔵保存が適しています。

バターはニオイを吸着する性質があります。

バターを冷蔵庫で保存する時には、密閉した容器に入れます。

冷蔵庫の中では、ニオイが強いものと一緒に置かないように気を付けてください。


PAGE TOP