カット野菜の安全性は大丈夫?切らない野菜と栄養価は違う?

Sponsored Link

カット野菜は安全性に問題があるや、カット野菜は栄養成分が劣っているなどの噂があります。

カット野菜は洗浄・殺菌をするので、野菜の大切な栄養成分のビタミン類は残っていないという説がありますが本当でしょうか。

カット野菜は、新鮮な野菜をカットして提供される食品になります。

野菜を洗ったりカットする手間を省いてあるので、カット野菜パックを購入すれば生野菜をスグに食べられます。

カット野菜の代表的な製品は、量販店等で袋やパックに入れて売られているサラダやカップサラダになります。

外食・中食・内食向けに新鮮野菜をカット(千切り・角切り・たんざく切り・乱切り等)したカット野菜商品もあります。

カット野菜には公的な定義はありません。

アメリカの全米生鮮農産物協会ではカット野菜を2つに分けています。

バックドサラダと付加価値野菜です。

バックドサラダはレタスなどの葉物野菜を主体に袋やカップサラダスタイルで売られています。

付加価値野菜には、サイドディッシュ・大人数向けのトレイ・調理セットなどがあります。

一人暮らしの人には、ビタミン類と食物繊維不足にカット野菜パックをおススメします。

 

次に、カット野菜のこと・カット野菜の安全性・カット野菜の栄養について紹介します。

 

カット野菜

 

sodium-hypochlorite

 

カット野菜は、コンビニ等に売られている生野菜サラダ・スーパーに並んでいるカット野菜の袋詰・弁当店のサラダ・牛丼チェーンなどの飲食店のサラダなどで使われています。

カット野菜に否定的な考えがある人でも、外食・中食・内食などで食べている可能性があります。

「私はカット野菜なんて買わない」と思って内食では避けていても、外食や中食では食べているかもしれません。

カット野菜は現代ではかなり身近な食品になっています。

カット野菜は水洗いした後、殺菌液に漬けてから販売されています。

カット野菜の安全性やカット野菜の栄養成分の減少を問題視する人もいますが、家庭で料理して食べるのと比較しても安全性と栄養成分については問題ないとの考えもあります。

 

カット野菜の安全性

 

narita

 

カット野菜の安全性は問題ないと考えられます。

カット野菜の安全性も問題視する人の多くは、野菜を洗剤で殺菌するから危ないと思っているようです。

野菜には、土由来の微生物が付着しています。

野菜をカットすると、野菜の中の細胞液が出て抵抗力を下げて食中毒のリスクが上がります。

そのため、カット野菜には安全性を確保する徹底した安全対策が求められています。

カット野菜の製造過程では、水洗→殺菌→水洗という手順がとられています。

殺菌で使われている洗剤は安全性が高いものが使われています。

もし洗剤が残っていても肝臓で分解されます。

肝臓で分解されない分は排泄されるので蓄積性もありません。

一般的な食器洗いの洗剤でも、残留洗剤が普通に体内に入る分は問題ないと考えられています。

カット野菜を殺菌する洗剤については問題視することはありません。

家庭料理で野菜を洗浄不足のまま食べてしまう方が食中毒のリスクがあるのではないでしょうか。

次に、カット野菜の栄養成分の減少について紹介します。

 

カット野菜の栄養成分

 

カット野菜の安全性は問題ありません。

カット野菜の栄養成分について紹介します。

カット野菜に含まれている栄養成分はビタミン類・ミネラル類・食物繊維です。

ビタミンには、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

水溶性ビタミンは、ビタミンC・ビタミンB群になります。

脂溶性ビタミンは、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンK・ビタミンEなどです。

カット野菜では水に溶けやすい水溶性ビタミンが失われている可能性が考えられます。

脂溶性ビタミンも少し溶出しますが水溶性ビタミンほどは失われません。

ミネラル類は水洗で溶出して少なくなることも考えられます。

食物繊維は水に溶けないのでカット野菜にしても減ることはありません。

食物繊維は便秘を予防して、糖尿病や肥満予防改善に役立ちます。

野菜の中でも注目の栄養素の食物繊維が減らないのは良いですね。

以上の事をまとめると、カット野菜にすれば水溶性ビタミンやミネラルなどが失われている可能性がありますが食物繊維が減ることはありません。

一人暮らしだと、生の野菜を購入して調理して食べる時間もスキルも器具もありません。

野菜を食べないよりは、多少栄養価が減っていてもカット野菜を食べるほうをおススメします。

最近は栄養価の損失を抑えた野菜のカット処理方法も進化しているようです。

カット野菜を食べて健康維持しませんか。


PAGE TOP