ほうれん草を食べて口がかゆい、下痢の時はアレルギー?!

Sponsored Link

ほうれん草を食べてアレルギー症状を発症する人もいるそうです。

ほうれん草のアレルギー症状は皮膚的症状になります。

ほうれん草を食べ過ぎると下痢にります。

ほうれん草を食べて頭痛がしたら食べ過ぎが原因かもしれません。

アレルギー症状を発症する人もいるほうれん草を、赤ちゃんの離乳食に使っても良いのでしょうか。

ほうれん草の漢字表記は「菠薐草」になります。

ほうれん草は、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の緑黄色野菜になります。

冷涼な地域もしくは冷涼な季節に栽培されることが多い緑黄色野菜です。

ほうれん草は、外気温が冷え込むと軟らかくなって旨みが増します。

ほうれん草の原産地は、中央アジアから西アジア地域でカスピ海南西部近辺と考えられています。

ほうれん草を初めて栽培したのはアジア地域のペルシア地方だったと考えられています。

ヨーロッパにほうれん草が持ち込まれたのは中世末期ころのようです。

日本には江戸時代初期の17世紀頃に渡ってきました。

ほうれん草が日本で普及したのは大正末期から昭和初期にかけてです。

ほうれん草はビニールハウスでも栽培できることから、千葉県や埼玉県で盛んに栽培されています。

 

次に、ほうれん草とアレルギー症状やほうれん草と下痢やほうれん草と頭痛について、ほうれん草を赤ちゃんに食べさせても良いのかなどについて紹介します。

 

ほうれん草アレルギーの特徴

 

sick_anaphylaxis

 

ほうれん草を食べるとアレルギー症状を発症する人がいます。

ほうれん草にはアクが多いので基本的には下茹でなどの加熱処理をします。

ほうれん草によるアレルギーの特徴は、下茹でなどの過熱調理をしてもアレルギー反応がでることです。

ほうれん草を加熱処理しても症状が出るだけでなく、ほうれん草に接触をするだけでもアレルギー反応を引き起こすことがあります。

その為、野菜ジュース・ほうれん草を含むミックスジュース・ほうれん草の煮汁を摂取しただけでもアレルギー症状を引き起こします。

ほうれん草アレルギーの疑いがある人は注意が必要です。

次に、ほうれん草と下痢やほうれん草と頭痛について紹介をします。

ほうれん草アレルギーの心配があると赤ちゃんの離乳食への使用も注意する必要がありますね。

 

ほうれん草で下痢・頭痛

 

f58m_2236

 

ほうれん草アレルギーの特徴は、ほうれん草に触れただけでも引き起こされることです。

ほうれん草アレルギーの症状は、全身や身体の一部の赤み・痒み・かぶれ・発疹・湿疹・蕁麻疹・しびれ感などの皮膚的症状が多くなります。

ほうれん草アレルギー症状は軽度から重度まで個人差があります。

他のアレルゲンがきっかけで、ほうれん草アレルギーを引き起こす事もあるので、アレルギー体質の人は注意が必要です。

ほうれん草を食べて下痢を起こした・ほうれん草を食べて頭痛がするなどの症状はアレルギーではなさそうです。

ほうれん草アレルギーの多くは皮膚的症状になります。

ほうれん草にはアクがあります。

アクの元は「シュウ酸」です。

アクが少ないほうれん草であっても生食でたくさん食べ過ぎるとお腹に影響があります。

ほうれん草は食べ過ぎると下痢や頭痛引き起こすので注意してください。

 

ほうれん草と赤ちゃん

 

ほうれん草アレルギーは、赤み・痒み・かぶれ・発疹・湿疹・蕁麻疹・しびれ感などの皮膚的症状になります。

ほうれん草を食べ過ぎると下痢などを起こします。

ほうれん草を食べ過ぎて下痢や頭痛にならないように気を付けてください。

ほうれん草は赤ちゃんのお腹に負担をかけることもあるので注意が必要です。

赤ちゃんの腸は生後6ヶ月~10ヶ月頃より腸の機能がアップしますが、2歳程度までは消化機能が弱くて食物がそのまま出て来てしまうことがあります。

ほうれん草を離乳食で与えるときには柔らかく茹でてからすり潰すことが必要です。

ほうれん草には食物繊維が多いので消化器官に負担をかけます。

赤ちゃんの場合は消化器官が未熟なので、食物繊維が多いほうれん草を食べると下痢を引き起こすことがあります。

赤ちゃんの下痢は、アレルギー症状やアクではなく消化不良が原因のことが多いようです。


PAGE TOP