乾燥生姜は冷え性に効果がある?!作り方と保存方法

Sponsored Link

乾燥生姜は冷え性改善に良いそうです。

乾燥生姜の作り方を覚えれば、冷え性の悩みを減らせそうです。

生姜(しょうが)は、ショウガ科の多年草の野菜や生薬になります。

原産地は明確ではありませんが、熱帯アジアが原産という説が有力です。

インドでは紀元前300~500年前には保存食・医薬品として使われていた記録があります。

日本に伝わったのは2~3世紀頃とされています。

奈良時代には栽培が始まっていたことが「古事記」に記載してあるようです。

生姜のことを「ふさはじかみ」や「くれのはじかみ」と呼んでいたようです。

生姜は栽培方法や収穫方法によって、根生姜・葉生姜・矢生姜に分類されています。

根生姜は、地下の塊根部分を食用とします。

葉生姜は、根茎が小指程度の大きさにまで成長した段階で葉が付いたまま収穫します。

矢生姜は、軟化栽培して15cm位に成長したら太陽に当てて茎元が紅色になったら収穫します。

矢生姜は「はじかみ」として焼魚の添え物に使われることが多いようです。

生姜を乾燥させたものが乾燥生姜になります。

乾燥生姜には冷え性改善の効果があるようです。

 

次に、乾燥生姜・冷え性と乾燥生姜・乾燥生姜の作り方などの紹介をします。

 

乾燥生姜

 

f9b4d63722f2c387873dc424f59c46ba_m

 

乾燥生姜の効果・効能には冷え性改善の働きがあるようです。

乾燥生姜の簡単な作り方がテレビ番組でも紹介されていました。

生姜には健康サポートの成分が含まれています。

生姜には、手足の末梢血管を押し広げて血流を良くする有効成分が含まれています。

生姜に含まれているジンゲロールには発汗・解熱効果があります。

乾燥生姜では、ジンゲロールがショウガオールという物質に変化します。

ショウガオールには、脂肪の燃焼を助けて熱を発生させる働きがあります。

乾燥生姜に含まれるショウガオールの働きで、身体の深部から熱が作り出されて温かさが持続します。

乾燥生姜や生姜の絞り汁を入れた、豚汁を食べるとポカポカして温かいのはショウガオールの働きになります。

乾燥生姜に豊富に含まれているポカポカ成分のショウガオールには、認知症やアレルギー症状抑制の働きもあるようです。

 

冷え性

 

hiesyou_woman

 

冷え性(ひえしょう)は、特に手や足の先などの四肢末端・上腕部・大腿部などが冷えているように自覚される状態のこととされています。

一般的な特徴として、身体全体には寒さを感じないで四肢など部分的に冷えを感じる症状になります。

冬季の就寝前に足や手が冷える感覚に悩まされる人が多くいます。

男性よりも皮下脂肪がの比率が多い寒さに強い女性に冷え性の人が多いようです。

乾燥生姜に含まれるショウガオールは冷え性改善に役立ちます。

ショウガオールを豊富に含む乾燥生姜の作り方を覚えれば冷え性から解放されそうです。

 

乾燥生姜の作り方

 

乾燥生姜に豊富に含まれているショウガオールは冷え性に悩む女性の味方です。

乾燥生姜の作り方を知っていれば冷え性改善に役立ちます。

乾燥生姜をつくる生姜は、表面のツヤがあり肉厚でふっくらしているのを選んでください。

ステップ1・皮がついたまま1mm程度の厚みにスライスします。

ステップ2・蒸し器にクッキングシートを敷いてスライスした生姜を重ならないように並べて蒸します。

蒸す時間は約30分程度になります。

蒸し器がない場合は、鍋やフライパンを代用してもOKです。

ステップ3・蒸した生姜を「ざる」や「干しかご」に重ねないように並べて天日干しします。

1日程度の天日干しで完成します。

日陰干しであれば1週間程度で乾燥生姜が完成します。

 


PAGE TOP