ムカゴの栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

ムカゴの美味しい食べ方には零余子飯があります。

ムカゴは乾燥に弱く日持ちしないので新鮮なうちに食べましょう。

ムカゴの上手な保存方法を知っていれば美味しいムカゴ料理を楽しめます。

ムカゴの漢字表記は「零余子」・「珠芽」です。

食材としての「ムカゴ」は、一般的にはヤマノイモ・ナガイモなど山芋類のムカゴを指します。

ヤマイモ科のムカゴは、茎が肥大化して形成された肉芽になります。

ムカゴの形状は、灰色で球形から楕円形です。

表面には少数の突起があります。

ムカゴの食べ方には、塩ゆで・煎る・米と一緒に炊き込むなどがあります。

晩秋・生活の季語にもなっている「零余子飯(むかごめし)」は美味しいですね。

 

次に、ムカゴの食べ方・ムカゴの日持ち・ムカゴの保存方法などの紹介をします。

 

ムカゴ

 

41KqSkEz0YL

 

ムカゴの美味しい食べ方には、塩ゆで・煎る・米と一緒に炊き込む零余子飯などがあります。 

ムカゴは日持ちしないので、ムカゴの上手な保存方法を知っていると美味しいムカゴ料理を楽しめます。

ムカゴは9月ごろから付きはじめます。

ムカゴの食べごろの収穫時期は9月下旬~11月初旬頃になります。

収穫時期になると葉の色が黄色くなり始めます。

完熟すると、指で軽く触っただけでぽろっと取れます。

 

ムカゴの食べ方

 

87f223f5f7809058476f694b5c24aaec--family-meals

 

ムカゴの食べ方には、塩ゆで・煎る・零余子飯があります。

ムカゴは乾燥しやすいので気温が高い地域では日持ちしません。

ムカゴの上手な保存方法を覚えて美味しいムカゴを楽しんでください。

ムカゴの美味しい食べ方では零余子飯が人気あります。

零余子飯を作る時には、米とは別に塩ゆでしてから炊いたご飯に混ぜたほうがホクホク食感を楽しめます。

ムカゴはかき揚げにしても美味しいですね。

サクラエビや野菜と一緒にかき揚げすれば美味しく食べられます。

 

ムカゴの保存方法

 

ムカゴの食べ方では零余子飯が美味しいですね。

ムカゴ乾燥しやすく日持ちしません。

ムカゴの保存方法では冷蔵保存をおススメします。

ムカゴはそのまま常温保存をすると、どんどん乾燥して表面にシワが出て美味しくなくなります。

湿った状態で常温保存するとカビが生えて食べられなくなります。

常温保存する場合は、おがくずや籾殻が入っている段ボール箱にムカゴを埋めてから低温の場所に保存すれば鮮度を保てます。

気温が低い地方で、風通しの良い冷暗所におがくずや籾殻に埋めて保存するのがベストです。

気温が高い地域で保存する場合は、冷蔵庫の野菜室に保湿保存します。

湿らせたキッチンペーパーなどに包んでポリ袋に入れて乾燥予防をして冷蔵庫の野菜室に入れます。

 


PAGE TOP