グレープフルーツと食べ合わせが悪い食べ物、理由

Sponsored Link

美味しいグレープフルーツには健康・美容に役立つ栄養成分が含まれています。

グレープフルーツと食べ合わせが悪い食べ物もあるようです。

グレープフルーツの栄養成分を効率よく摂取するには、食べ合わせにも気を付けなければいけませんね。

 

次に、グレープフルーツのこと・グレープフルーツと食べ合わせが悪い食べ物・グレープフルーツの栄養成分と働きなどの紹介をします。

 

グレープフルーツ

 

526e97d94a8a837326a711a7b3e65018_t

 

グレープフルーツは亜熱帯を原産とする柑橘類になります。

グレープフルーツには多くの種類があります。

一般的には果肉の色で呼び分けられているようです。

グレープフルーツの品種では、果肉がホワイト系のものとルビーというピンク系のものに分けられます。

グレープフルーツには食べ合わせが悪い食べ物があるので注意が必要です。

美味しいグレープフルーツを食べて美容と健康アップしませんか。

 

グレープフルーツと食べ合わせが悪い食べ物

 

508223e244c36dacf57797c767cf2412_t

 

グレープフルーツには食べ合わせに悪い食べ物があるので注意が必要です。

グレープフルーツの有効成分を効率よく摂るには食べ合わせにも気を付ける事が大切です。

グレープフルーツと食べ合わせが悪いのはアルコールのようです。

グレープフルーツには肝臓の解毒作用を低下させる働きがあります。

焼酎等のアルコール飲料とグレープフルーツを一緒にするとアルコールの血中濃度が急激に上昇します。

最悪ケースでは急性アルコール中毒の可能性があります。

グレープフルーツは薬を飲んでいる人も注意が必要です。

グレープフルーツにはフラノクマリン成分が含まれています。

フラノクマリンには薬の血中濃度を上げる作用があるとされています。

グレープフルーツによって薬が効きすぎることがあります。

薬が効きすぎて副作用が強くでる可能性もあるので注意が必要です。

 

グレープフルーツの栄養成分と効果

 

グレープフルーツと食べ合わせが悪い食べ物はアルコール飲料です。

グレープフルーツは薬の血中濃度を高める働きもあるので注意してください。

グレープフルーツにはカロテン・ビタミンC・クエン酸が豊富に含まれています。

含まれている主な成分は、リモネン・ミルセン・α―ピネン・サビネン・ゲラニオール・リナロール・シトロネラール・酢酸デシル・酢酸ネリル・テルピネオールなどです。

グレープフルーツの効果効能には、心への効能・体への効能・皮膚への効能があります。

心への効能では、疲れや落ち込みを取り除いて気持ちを高めて元気づける働きが期待されています。

体への効能では、鬱血を除去する作用や筋肉の疲れや凝りを取り除く働きが期待されています。

皮膚への効能では、にきび肌改善・セルライト除去が期待されています。

体への効能では、

・胆汁分泌促進・血液浄化・消化促進・消化機能促進・体液や疲労物質の排出・健胃・

・利尿・肝臓の強壮・殺菌消毒・交感神経刺激・脂肪燃焼などがあるとされています。


PAGE TOP