チコリの栄養価、食べ方、保存方法。冷凍はできる?

Sponsored Link

チコリの美味しい食べ方を知っていますか。

チコリは日本ではまだなじみが浅い野菜ですが栄養価もあるので、チコリの正しい保存方法を知って美味しく食べませんか。

チコリはヨーロッパ原産の野菜です。

日本ではなじみの浅い新顔の野菜ですが、ヨーロッパでは日常的に食べられている野菜になります。

チコリはシャキシャキ食感のほろ苦い甘さが特徴の野菜です。

チコリはシャキシャキとした水々しい食感なのでサラダで食べられることも多いようです。

ヨーロッパでは、サラダ・グラタン・スープ・オーブン料理などに使われているようです。

露地栽培したチコリの葉や根には独特の強い苦味があります。

チコリは食べなれていない人には生食は適さないとされています。

フランスやカナダではアンディーヴと呼ばれています。

ベルギーではシコンと呼ばれています。

代表的なベルギー料理にシコンのグラタンがあります。

イタリアではチコーリアと呼ばれてサラダや茹でて付け合わせ野菜として使われています。

ドイツでは薬効ハーブとして用いられています。

チコリから作られる「チコリコーヒー」もあります。

チコリの根の部分を利用したコーヒー風味の飲み物になります。

チコリコーヒーが生まれたのは第二次大戦時が原因です。

第二次世界大戦でヨーロッパにコーヒー豆を輸入できなかった時期に、「チコリコーヒー」は代用コーヒーとして広く飲まれたようです。

根を炒ったものはコーヒーの風味づけや代用品や、茶代用品(茶外茶)として利用されています。

カフェデュモンドのコーヒーにはチコリが配合されています。

ベトナムコーヒーにはチコリ入りが多いとされています。

チコリはコカコーラが発売している爽健美茶にも含まれています。

 

次に、チコリの食べ方やチコリの栄養価やチコリの保存方法などの紹介をします。

 

チコリの食べ方

 

0a2404e6efa7fee2b15212fe96cb2aff_t

 

ヨーロッパではチコリはいろいろな食べ方がされていますが、日本では新顔の野菜なので食べ方も知られていないようです。

ヨーロッパなどでは料理の食材だけでなく、お茶やコーヒーとして利用されています。

カフェデュモンドのコーヒーには、チコリの根を焙煎したものがブレンドされています。

チロリを加えることで高い香りと深いコクを引き出しているとされています。

チコリは、昔から体にやさしい食用植物として知られていました。

ヨーロッパでは身体をいたわるハーブ野菜として愛用されていたデトックスにおススメの食材です。

根株を軟化させた葉はサクサクした歯触りです。

独特のほろ苦さとほのかな香りがあるので蒸し料理・炒め料理・サラダに向いています。

サラダにするときには、舟形の葉を1枚ずつはがして使います。

チロリのほろ苦さや香りに慣れていない人には、蒸し料理や煮料理や炒め料理をおススメします。

次に、チコリの栄養価やチコリの保存方法などの紹介をします。

 

チコリの栄養

 

821370BA-7EAF-4714-B1C9-DF2E0465913Eiphone_photo

 

チコリの食べ方には、蒸し料理・煮料理・炒め料理・サラダなどがあります。

ほろ苦くて香りがあるチコリの栄養価も注目されています。

チコリの正しい保存方法を知っていれば、美味しいチコリ料理を楽しめます。

チコリの主な栄養成分には食物繊維やチロリ酸があります。

チコリには水溶性食物繊維の一種のイヌリンが多く含まれています。

多糖類のイヌリンは、胃腸で消化吸収されないので腸内の善玉菌を増やすのに役立ちます。

チコリ酸はチコリの根の部分に多く含まれています。

チコリ酸には消化促進や肝機能改善の働きがあります。

チコリの根には有効成分が多く含まれています。

 

チコリの保存方法

 

チコリの食べ方には蒸し料理・炒め料理・サラダなどがあります。

チコリの栄養価を活かして健康生活しませんか。

次に、チコリの保存方法の紹介をします。

チコリをサラダ料理で食べることも多い野菜なので、鮮度の良いものを選びましょう。

鮮度が良いものは保存期間も長くなります。

鮮度が良いチコリは、持ったときに身が締まっていて重みがあります。

切り口の色が茶色くなっていたり、葉が傷んでいたりするものは避けましょう。

チコリの保存方法では、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられますが、冷凍保存には向かない野菜です。

チコリを美味しく食べるには購入したらスグに調理して食べることです。

野菜室での冷蔵保存をおススメします。

冷蔵保存するときには、濡れたキッチンペーパーなどで包んでからラップでくるみビニール袋などに入れます。

冷蔵庫の野菜室では立てて保存します。

チコリは乾燥しやすく傷みやすい野菜です、2~3日を目安に料理して食べるのがポイントです。

 


PAGE TOP