話題のピェンロー鍋が広まった理由と作り方

Sponsored Link

ピェンロー鍋と広まった理由とレシピ・作り方・食べ方を知っていますか。

寒い季節には鍋料理が人気です。

日本人は鍋料理が大好きですね。

最近話題の鍋にピェンロー鍋があります。

ピェンロー鍋は中国の鍋料理です。

中国由来の鍋料理として、20年ほど前から日本でも食べられるようになりました。

 

次に、ピェンロー鍋と広まった理由とレシピ・作り方・食べ方の紹介をします。

 

ピェンロー鍋が広まった理由

 

1511_pic03_580

 

ピェンロー鍋はピョンロー鍋ともいいます。

漢字表記では「扁炉」になります。

ピェンロー鍋は中国で鍋料理の意味になります。

中国の広東省では「鍋料理」を打辺炉といいます。

日本でピェンロー鍋が知られるようになったのは姉尾河童氏の書籍です。

舞台美術家・小説家の妹尾河童氏の「中国のチワン族の郷土料理」で」広まりました。

中国ではピョンロー鍋のような鍋料理は知られていません。

ピョンロー鍋は日本で広まった新しい鍋料理になります。

ピェンロー鍋が広まった理由は妹尾河童氏の書籍の「中国のチワン族の郷土料理」になります。

次に、ピェンロー鍋の具材とレシピの紹介をします。

 

ピェンロー鍋の具材とレシピ

 

_1768

 

ピェンロー鍋の主な具材は、干し椎茸・春雨・白菜・豚バラ肉・鶏もも肉になります。

味付けは、干し椎茸の戻し汁・塩・ごま油・一味唐辛子になります。

ピェンロー鍋の特徴は、シンプルな具材と味付けになります。

ピェンロー鍋のレシピは、干し椎茸の戻し汁にごま油を入れて干し椎茸・春雨・白菜・豚バラ肉・鶏もも肉を煮て、塩・一味唐辛子で食べます。

2~3人前のピェンロー鍋の材料を紹介します。

・干し椎茸5個・白菜1株・緑豆春雨、乾燥状態で50g・豚バラ肉250g

・鶏もも肉250g・水1リットル・塩・ごま油・一味唐辛子になります。

 

ピェンロー鍋の作り方

 

ピェンロー鍋のレシピと作り方を知っていれば美味しい料理を楽しめます。

ピェンロー鍋では、水戻しした干し椎茸及と干し椎茸の戻し汁を出汁として使います。

干し椎茸を水に浸けて、2時間~一晩浸けて出汁を取り出します。

戻した干し椎茸は半分に切ります。

干し椎茸の汁で、豚肉・鶏肉・白菜・春雨を煮込みます。

鍋に椎茸・戻し汁・白菜の芯を入れて蓋をします。

しんなりするまで弱火で10~20分煮ます。

鶏モモ肉・豚バラ肉を加えごま油を加えて蓋をして弱火で10ほど煮ます。

煮込むときに入れる調味料はごま油だけになります。

白菜がしんなりしたら、もう一度ゴマ油を少量鍋にかけます。

煮込んだら、各自で煮汁とともに取り分けて食べます。

取り分けた具と汁には好みに応じて塩と一味唐辛子などで味付けをして食べます。

ピェンロー鍋を食べ終わったら最後に白飯を入れて粥とします。

ピェンロー鍋で作った粥にはべったら漬が良く合うそうです。


PAGE TOP