コーン茶(とうもろこし茶)の効能とひげ茶の違い

Sponsored Link

お茶では、日本茶・中国茶・紅茶がありますが、コーン茶やひげ茶というのもあるようです。

日本で生産されているお茶のほとんどは緑茶です。

日本茶の中には、・煎茶・深蒸し煎茶・玉露・かぶせ茶・玉緑茶・番茶・抹茶・てん茶・釜伸び茶・釜炒り玉緑茶・茎茶・芽茶・粉茶・玄米茶・ほうじ茶などがあります。

普段飲んでいる緑茶やほうじ茶を飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

緑茶のカフェインが気になる人にはほうじ茶をおススメします。

ほうじ茶に飽きたらコーン茶とひげ茶も試してみませんか。

 

次に、コーン茶とひげ茶の違い・コーン茶(とうもろこし茶)の効能などを紹介します。

 

コーン茶

 

E303971H_L

 

コーン茶とひげ茶の違いを明確にする為にコーン茶の概要を紹介します。

コーン茶は「とうもろこし茶」とも呼ばれます。

とうもろこしの実を乾燥させていったものをお湯で煮だしたものがコーン茶(とうもろこし茶)になります。

コーン茶(とうもろこし茶)の作り方と飲み方は「麦茶」にそっくりです。

コーン茶(とうもろこし茶)は韓国で飲まれています。

韓国でのコーン茶(とうもろこし茶)は、日本の麦茶のようなポピュラーな飲み物だそうです。

コーン茶(とうもろこし茶)はホットでもアイスにしても美味しく飲めます。

コーン茶(とうもろこし茶)の特長は、香ばしさ・甘み・少ない苦みです。

 

ひげ茶

 

71hlt7MMjTL__SX425_

 

コーン茶とひげ茶の違いを紹介するためにひげ茶の概要を紹介します。

ひげ茶とは、「とうもろこし」のひげ茶になります。

「とうもろこしのひげ茶」は、便秘改善・ダイエット効果・美肌効果・むくみ改善・イライラ改善・貧血予防と改善・血圧安定をサポートすると言われています。

とうもろこしのひげは漢方薬としても使われます。

コーン茶よりも、むくみ改善効果や利尿効果が期待できる「とうもろこしひげ茶」を試しませんか。

「とうもろこしひげ茶」の作り方はコーン茶の作り方と似ています。

とうもろこしのひげを天日で乾かします。

次に、乾かしたひげを炒ります。

炒ったひげを煮だします。

「とうもろこしのひげ茶」はコーン茶よりも、「とうもろこし」の風味と味が強く感じられます。

コーン茶とひげ茶の飲みやすさの違いでは、コーン茶のほうが良いですね。

 

コーン茶(とうもろこし茶)の効能

 

コーン茶とひげ茶を飲み比べた違いは飲みやすさです。

コーン茶のほうが美味しいようです。

コーン茶(とうもろこし茶)にはビタミン類・ミネラル類・食物繊維・リノール酸などが含まれています。

コーン茶(とうもろこし茶)に含まれているミネラル類は、鉄分・カリウムです。

ビタミン類では、ビタミンB群とビタミンEが含まれています。

お水代わりに飲めるコーン茶(とうもろこし茶)には、健康をサポートする有効成分が含まれています。

健康サポート成分を含んでしてカフェインが含まれていないので、高齢者・妊婦・子供の水分補給にもおススメです。

 


PAGE TOP