らっきょう酢の作り方。漬けた残り酢は再利用で梅を漬けたり飲める?

Sponsored Link

らっきょう酢を使ったらっきょう漬けの作り方を知っていると、自家製の美味しいらっきょう漬けを楽しめますね。

らっきょう酢は再利用できるのでしょうか。

らっきょう漬けを毎年作ることを考えると「らっきょう酢」の再利用が気になります。

辣韭(らっきょう)は、ネギ属の多年草の野菜になります。

辣韭(らっきょう)には、「オオニラ」や「サトニラ」という呼び名もあります。

辣韭(らっきょう)は、塩漬け・甘酢漬け・醤油漬けで食べられています。

辣韭(らっきょう)の甘酢漬けは人気です。

自家製のらっきょう漬けを作る人も多くいます。

各家庭のオリジナルの「らっきょう漬け」は、家庭毎の味になります。

らっきょう漬けはカレーライスのつけあわせとして人気があります。

らっきょう漬けは福神漬とならんでポピュラーなつけあわせです。

辣韭(らっきょう)に含まれているアリル硫化物には消化を助ける働きがあります。

辣韭(らっきょう)には水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

美味しいらっきょう漬けを食べて、便秘改善・腸内環境改善しませんか。

辣韭(らっきょう)に含まれている栄養成分は、ダイエット・便秘改善・ガン予防・糖尿病予防・生活習慣病予防・風邪予防・疲労回復などに役立ちます。

美味しいらっきょう漬けを食べて生活習慣病予防ができればうれしいですね。

 

次に、らっきょう漬け・らっきょう酢を使ったらっきょう漬けの作り方・らっきょう酢の再利用などの紹介をします。

 

らっきょう漬け

 

fc2blog_20160822070940be1

 

らっきょう漬けとは、辣韭(らっきょう)をらっきょう酢に漬けた美味しい食べ物です。

らっきょう漬けは美味しいだけでなく血液をサラサラにする働きがあります。

辣韭には硫化アリルが含まれています。

硫化アリルはビタミンB1の吸収を高める働きがあります。

らっきょう漬けの栄養成分が、血液をサラサラにして循環器系の機能を正常化します。

辣韭に含まれている成分には高い抗がん作用もあります。

毎日適量のらっきょう漬けは、生活習慣病予防やがん予防に役立ちそうですね。

次に、らっきょう酢を使ったらっきょう漬けの作り方やらっきょう酢の再利用について紹介します。

 

らっきょう漬けの作り方

 

yjimageH2M66S7D

 

らっきょう酢を使ったらっきょう漬けの作り方を紹介します。

ステップ1・辣韭(らっきょう)の根と茎を切ります。

ステップ2・切った辣韭をザルに入れて流水で柔らかく薄皮を取るようにもみ込んで洗います。

ステップ3・1kgの辣韭に対して塩20gをまぶします。

ステップ4・水洗いをして塩を洗い流したらザルにあけて水切りします。

ステップ5・鍋にお湯を沸かして沸騰したらザルごと入れて10秒間浸します。

ステップ6・ザルを上げたら一気に湯切りして冷まします。

ステップ7・湯切りした辣韭を煮沸消毒した容器に入れてらっきょう酢を辣韭が浸るまで入れます。

次に、らっきょう酢の再利用について紹介します。

 

らっきょう酢の再利用

 

らっきょう酢を使ったらっきょう漬けの作り方を知っていると、自家製のオリジナルらっきょう漬けを楽しめますね。

毎年、らっきょう漬けを楽しむにはらっきょう酢の再利用が気になります。

らっきょう漬けに使うらっきょう酢は再利用できるのでしょうか。

らっきょう酢を再利用している人も多いようです。

アジの南蛮漬けのつけ汁に使っている人が多いようです。

キャベツの線切りにドレッシング代わりに使ったり、納豆のタレの代用に使ったりしている人もいます。

レッドオニオンをスライスしてらっきょう酢を入れて一夜漬けを作っている人もいます。


PAGE TOP