さくらんぼの栄養、効果は妊婦にもおすすめの果物。旬な時期と産地

Sponsored Link

「さくらんぼ」は栄養成分豊富で妊婦さんにもおススメの美味しい果物です。

「さくらんぼ」の植物学上の正式名称は「桜桃(おうとう)」です。

「さくらんぼ」は、桜の木に生る果実です。

桜の木の果実ですが、ソメイヨシノやヒカンザクラに生るのではありません。

ソメイヨシノやヒカンザクラは観賞用の桜の木です。

「さくらんぼ」が生る品種の桜は、主に「西洋実桜(セイヨウミザクラ)」になります。

「さくらんぼ」の実が生る桜には、「酸実実桜(スミミザクラ)」や「シナザクラ」などもあります。

「さくらんぼ」には国産とアメリカ産があります。

国産の「さくらんぼ」の特徴は、甘酸っぱさの繊細で上品な味わいになります。

アメリカ産の「さくらんぼ」の特徴は強い甘みです。

国産の人気の「さくらんぼ」の品種には、佐藤錦(さとうにしき)・紅秀峰(べにしゅうほう)・高砂(たかさご)・ナポレオン・南陽・紅さやか・月山錦(がっさんにしき)・豊錦(ゆたかにしき)などあります。

 

次に、「さくらんぼ」の栄養成分(妊婦さんおススメ)・「さくらんぼ」の人気の品種・「さくらんぼ」の旬の時期・「さくらんぼ」の産地などの紹介をします。

 

「さくらんぼ」の栄養成分

 

gahag-0088640261

 

妊婦にもおススメの「さくらんぼ」の栄養成分を紹介します。

「さくらんぼ」に含まれている栄養成分には、ミネラル類のカリウム・鉄・リンやカロチン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどがあります。

「さくらんぼ」の酸味は、リンゴ酸・クエン酸・酒石酸・コハク酸などの有機酸になります。

「さくらんぼ」に含まれているカリウムには、体内のナトリウムを対外に排出する働きがあります。

カリウムは高血圧の予防・利尿作用・むくみ改善・慢性腎臓炎改善をサポートします。

「さくらんぼ」に含まれているミネラル類やビタミン類は、疲労回復・食欲増進・血行促進・美肌・疲れ目などの改善をサポートします。

次に、人気の「さくらんぼ」の旬の時期と「さくらんぼ」の産地の紹介をします。

 

人気の「さくらんぼ」の旬の時期

 

957a48f23bc1a17b7ef75cdf043cdfa0_t

 

「さくらんぼ」には、ミネラル類のカリウム・鉄・リンやカロチン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどの栄養成分を含んでいます。

妊婦さんにもおススメの果物です。人気の「さくらんぼ」の旬の時期を紹介します。

「佐藤錦(さとうにしき)」の旬は5~7月になります。

「紅秀峰(べにしゅうほう)」の旬の時期は7~8月上旬になります。

「高砂(たかさご)」の旬の時期は6月中旬からになります。

「ナポレオン」の旬の時期は6月下旬~7月上旬になります。

「南陽」の旬の時期は6月下旬~7月下旬になります。

「紅さやか」の旬の時期は6月上旬~6月下旬になります。

「月山錦(がっさんにしき)」の旬の時期は6月中旬~7月中旬になります。

「豊錦(ゆたかにしき)」の旬の時期は6月上旬になります。

次に、人気の「さくらんぼ」の産地を紹介します。

 

人気の「さくらんぼ」の産地

 

「さくらんぼ」の栄養成分は妊婦さんにもおススメです。

「さくらんぼ」の旬の時期は、5月~8月になります。

次に、人気の「さくらんぼ」の産地を紹介します。

「佐藤錦(さとうにしき)」の主な産地は山形県です。

「ナポレオン」の主な産地は山形県や青森県になります。

「南陽」の主な産地は北海道になります。

「豊錦(ゆたかにしき)」の主な産地は山梨県になります。


PAGE TOP