バナナピーマンの味、栄養、旬な時期、食べ方。生でも食べられる?

Sponsored Link

バナナピーマンという野菜を知っていますか。

バナナピーマンに含まれている栄養成分やバナナピーマンの味・バナナピーマンの料理など気になりますね。

 

次に、バナナピーマンのこと・バナナピーマンの栄養素・バナナピーマンの味と料理など紹介します。

 

バナナピーマン

 

1200px-Banana_Peppers_20120903

 

バナナピーマンとは、バナナペッパーとも呼ばれる中型の大きさの唐辛子のことです。

唐辛子の栽培品種ですがそれほど辛くはなく、多くの唐辛子と同様にその辛味は熟し加減で変わります。

熟したバナナピーマンは若いものよりも甘くなります。

バナナピーマンはマイルドな辛味が特徴の唐辛子です。

バナナピーマンの食べ方には、酢漬け・中に具材を詰めた料理・生のまま食べる料理などがあります。

バナナピーマンの熟した果実は長さ5~8cmです。

曲がった形と黄色い色がバナナに似ているため、バナナピーマンと名付けられたようです。

 

バナナピーマンの栄養成分

 

imgrc0077389155

 

バナナピーマンの栄養成分には、食物繊維・ビタミンA・ビタミンC・カリウムなどがあります。

バナナピーマンはカロリー・脂肪・ナトリウムが少ないので、ダイエットに適した食品です。

食物繊維には、食後の血糖値の急激な上昇の抑制や、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。

食物繊維の効用には、脂質異常症予防・便秘予防・肥満予防・糖尿病予防・脂質代謝の調節による動脈硬化の予防・大腸癌の予防などがあります。

ビタミンAは目の健康を保つビタミンだと言われています。

ビタミンAには眼精疲労やドライアイを防ぐ効果があるので目を使う現代人には必要なビタミンです。

ビタミンAが不足すると暗い所で見えなくなる夜盲症を引き起こします。

バナナピーマンの辛味はマイルドなので、美味しい料理を作って健康・美容に役立てませんか。

 

バナナピーマンの料理

 

バナナピーマンはマイルドな辛味が特徴の唐辛子です。

バナナピーマンの栄養成分には食物繊維・ビタミンA・ビタミンC・カリウムなどがあります。

バナナピーマンのマイルドな辛味を使った美味しい料理を楽しみませんか。

バナナピーマンの食べ方を紹介します。

薄切りにした酢漬けのバナナピーマンは市販されています。

酢漬けのバナナピーマンは、ピザ・サンドウィッチ・グリークサラダ等の飾りつけに使われています。

酢漬けのバナナピーマンに、プロシュットやチーズを詰めた料理も人気があります。

詰め物をしたバナナピーマンを温めてイタリアンソーセージやチーズと食べる料理もあります。

みじん切りや角切りにしたバナナピーマンをレリッシュやサルサに加える料理もあります。

ハラペーニョ等の辛い唐辛子とともにゼリー寄せとしても食べられています。

 


PAGE TOP