カレーを食べて下痢、蕁麻疹、かゆみがでたらカレーアレルギー?

Sponsored Link

カレーアレルギーというのがあるのを知っていますか。

カレーを食べた後に身体や肌に異変が生じることがあります。

食物アレルギーの中のカレーアレルギーには消化器系症状(下痢等)や身体にでるカレーアレルギーによるかゆみ・カレーアレルギーによる蕁麻疹などがあります。

 

次に、カレーアレルギーの下痢・カレーアレルギーのかゆみ・カレーアレルギーの蕁麻疹を起こす原因や対策を紹介します。

 

カレーアレルギーの症状

 

20150731172633

 

カレーアレルギーは食物アレルギーの一つです。

消化器系のアレルギー症状には、吐き気・嘔吐・胃痛・下痢・便秘などがあります。

身体にでるカレーアレルギーには、かゆみ・喘息・頭痛・発熱などがあります。

カレーアレルギーには蕁麻疹もあります。

アナフィラキシーショックになる人もいます。

カレーアレルギーには重症~軽症まであります。

 

カレーアレルギーの原因食材

 

shutterstock_342359057

 

消化器系のカレーアレルギーには、吐き気・嘔吐・胃痛・下痢・便秘などがあります。

軽度のカレーアレルギーではかゆみ程度ですが、カレーアレルギーには蕁麻疹・頭痛・発熱・喘息・アナフィラキシーショックなどもあります。

カレーアレルギーの原因食材には、小麦粉・オールスパイス・クミン・唐辛子・カルダモン・シナモン・ターメリック・豚肉・玉ねぎ・じゃがいも・にんじん・ズッキーニ・牡蠣・海老などがあります。

オールスパイスとは、シナモン・ナツメグ・クローブの3つの香りを持つスパイスです。

小麦粉によるアレルギー反応は、湿疹・蕁麻疹・下痢・咳・呼吸困難などです。

クミンは多くの市販カレーに使われています。

クミンによるアレルギー反応は、鼻水・目のかゆみ・舌の腫れ・咳・喘息などです。

唐辛子によるアレルギー反応は、口内炎・ニキビ・ふきでもの・下痢などです。

シナモンによるアレルギー反応は、痒み・発疹などです。

豚肉によるアレルギー反応は、吐き気・腹痛・下痢などです。

玉ねぎのアレルギー反応は、頭痛・めまい・吐き気などです。

じゃがいものアレルギー反応は、口の腫れ・喉の違和感です。

にんじんのアレルギー反応は、鼻水・くしゃみ・喉のかゆみ・喉のイガイガ・蕁麻疹です。

ズッキーニのアレルギー反応は、口腔アレルギー反応です。

牡蠣のアレルギー反応は、下痢・嘔吐・蕁麻疹です。

海老のアレルギー反応は、下痢・嘔吐・蕁麻疹です。

 

カレーアレルギー対策

 

カレーアレルギーの原因スパイスや具材を知ることで対策ができます。

市販のカレールーを使う家庭では、アレルギーの原因スパイスを回避するのは難しくなります。

市販のカレールーにはアレルゲンフリーのカレーもあります。

アレルゲンフリーのレトルトなどを利用するのも良いのではないでしょうか。


PAGE TOP