のうぼう菜の旬、栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

のらぼう菜(のらぼうな)は関東地域で食べられている野菜です。

東京都の西多摩地方や埼玉県飯能市・比企郡小川町付近で多く栽培されています。

見た目は菜の花によく似ています。

のらぼう菜の漢字表記は「野良坊菜」です。

野良にぼーっと生えていて役にたたないものとして農民が年貢のとりたてを免れようと名付けたという説があります。

のらぼう菜は、アブラナ科アブラナ属の野菜になります。

江戸時代初期にはのらぼう菜が各地で栽培されていたようです。

耐寒性に優れている「のらぼう菜」が「天明の大飢饉」や「天保の大飢饉」で人々を飢餓から救ったという記録が残っています。

 

次に、のうぼう菜の旬や栄養価・のらぼう菜の美味しい食べ方・のらぼう菜の保存方法・のらぼう菜と菜の花の違いなどの紹介をします。

 

のらぼう菜の旬と栄養

 

151cc618ce8c1b60d3a3345472dd8320

 

のらぼう菜の旬と栄養の紹介をします。

露地栽培の「のらぼう菜」の収穫は3月下旬頃から4月下旬頃になります。

のらぼう菜の旬は2月~4月頃になります。

のらぼう菜の栄養価は豊富です。

のらぼう菜には多くのβ-カロテンが含まれています。

β-カロテンには、抗発ガン作用や免疫賦活作用があります。

β-カロテンは体内でビタミンAに変換されて髪の健康維持・視力維持・粘膜や皮膚の健康維持・喉や肺など呼吸器系統の保護に役立ちます。

のらぼう菜には豊富なミネラル類も含まれています。

のらぼう菜に含まれているミネラル類には、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などがあります。

のらぼう菜に含まれているミネラル成分は骨を生成する上で欠かせない成分です。

のらぼう菜は、骨や健康維持に役立ちます。

次に、のうぼう菜の美味しい食べ方やのらぼう菜と菜の花の違いなどの紹介をします。

 

のらぼう菜の美味しい食べ方

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

のらぼう菜にはβ‐カロテンやミネラル類が豊富に含まれています。

栄養成分豊富な春の野菜を美味しく食べませんか。

のうぼう菜の美味しい食べ方では、サッと茹でてアスパラガスのような茎のコリッとした食感を楽しむのがおススメです。

花芽の部分には菜の花特有の風味がありますが、普通の菜の花のような苦みは感じません。

普通の菜の花に比べると食べやすいですね。

茎の部分にはほんのりとした甘みがあります。

のらぼう菜の美味しい食べ方には、おひたし・炒め物・サラダ・天ぷらなどがあります。

菜の花よりも苦くないので食べやすいですね。

次に、のらぼう菜と菜の花の違いを紹介します。

 

のらぼう菜と菜の花の違い

 

のらぼう菜には栄養成分がたくさん含まれています。

のうぼう菜の美味しい食べ方を見つけて、春の旬の野菜を美容と健康に役立ててください。

のらぼう菜の見た目は菜の花によく似ています。

のらぼう菜と菜の花の大きな違いは苦みです。

苦みが少なくて栄養豊富な野菜です。

栄養豊富な野菜を生活習慣病予防に役立ててください。


PAGE TOP