うずらの卵と鶏の卵の違い。どちらがコレステロールが高い?栄養は?

Sponsored Link

うずらの卵と鶏の卵には違いがあるのでしょうか。

うずらの卵のコレステロール値と鶏の卵では、コレステロール値にどの程度の差があるのでしょうか。

うずらの卵1個のカロリーと鶏の卵1個のカロリーが分かれば、カロリー計算がスグにできます。

鶏の卵1個がうずらの卵1日何個になるかが分かれば食べ過ぎることはありませんね。

 

次に、うずらの卵と鶏の卵の違い・うずらの卵と鶏の卵のコレステロール・うずらの卵1個と鶏の卵1個のカロリー・うずらの卵1日何個分と鶏の卵1個が同じになるの?などの紹介をします。

 

「うずら」と「鶏」の概要

 

DSCF2537_TP_V

 

うずらの卵と鶏の卵の違いを知るために、「うずら」と「鶏」の概要を紹介します。

うずらの卵の親である「うずら」は、鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に分類される鳥類です。

全長20cmで羽衣は淡褐色です。

「うずら」は食用とされることもあり、平安時代の書物に調理法が記されています。

「うずら」は水炊き・焼き鳥・肉団子・雑煮の出汁で美味しく食べられます。

オスは精肉用・メスは採卵用とされています。

日本では「うずら」を狩猟することは違法になっています。

現在の日本では、草地開発・河川敷の樹林化・河川敷のレクレーション利用などで生息数が減少しています。

環境省レッドリストでは「絶滅危惧Ⅱ類(VU)」になっているようです。

採卵用の飼育が本格化したのは明治時代中期からです。

ペットとして飼育されたり、実験用動物としても用いられます。 

「鶏」は代表的な家禽として世界中で飼育されています。

日本列島には弥生時代に中国大陸から伝来したとする説があります。

鶏の卵が食用として本格化したのは江戸時代のようです。

江戸時代には採卵用として鶏が飼育されるようになりました。

1643年(寛永20年)の「料理物語」には鶏卵を用いた各種の料理や菓子が記されています。

次に、うずらの卵と鶏の卵の違い・うずらの卵と鶏の卵のコレステロール・うずらの卵1個と鶏の卵1個のカロリー・うずらの卵1日何個分と鶏の卵1個が同じになるの?などの紹介をします。

 

うずらの卵と鶏の卵の違い

 

1bb9104f6a0095d5e9555bedbc46cfb6_t

 

うずらの卵と鶏の卵の違いを紹介します。

うずらの卵1個の重さは10~12g程度です。

うずらの卵1個のカロリーは約22kcalになります。

100gで179kcalになります。

うずらの卵には、鶏の卵よりもビタミン類が豊富に含まれているとされています。

含まれているビタミンではビタミンB12が豊富で、卵類ではトップクラスです。

100g中の鶏卵とうずらの卵の、ビタミンB12を比べると約5.2倍も含まれています。

葉酸は鶏卵の2.1倍含まれています。

ビタミンAは鶏卵の2.5倍含まれています。

ビタミンB2も豊富です。

ミネラル類の鉄分は鶏卵の1.7倍含まれています。

抗酸化作用があるセレンも含まれています。

次に、うずらの卵と鶏の卵のコレステロール・うずらの卵1個と鶏の卵1個のカロリー・うずらの卵1日何個分と鶏の卵1個が同じになるの?などの紹介をします。

 

うずらの卵と鶏卵のコレステロール

 

うずらの卵と鶏の卵の違いはビタミン類ではないでしょうか。

うずらの卵のビタミン類は豊富です。

うずらの卵の100g当たりのコレステロール値は470mgです。

鶏卵100g当たりのコレステロール値が420mgなので、うずらの卵のコレステロール値が多いですね。

うずらの卵1個のカロリーは約22kcalです。

鶏卵100gのカロリーは151kcalです。

うずらの卵1日何個で鶏卵1個のカロリーやコレステロール値になるかを知っていれば、食べ過ぎることもないですね。


PAGE TOP