かいわれ大根の栄養は生と加熱で違う?保存方法はどうする?

Sponsored Link

かいわれ大根のピリッとした辛みが好きな人も多いのではないでしょうか。

かいわれ大根には健康効果が期待できる栄養成分も含まれています。

かいわれ大根の栄養成分には加熱で失われるのもあるので調理方法には注意が必要です。

美味しいかいわれ大根を上手に保存して、健康・美容に役立てませんか。

かいわれ大根の漢字表記は、「穎割れ大根」・「貝割れ大根」になります。

かいわれ大根は、「だいこん」の発芽直後の胚軸と子葉を食用にしたものです。

かいわれ大根はスプラウト食材になります。

スプラウトとは、主に穀類・豆類・野菜の種子を人為的に発芽させた新芽です。

発芽した芽と茎を食用とするのがスプラウト食材です。

スプラウトのことは、「発芽野菜」または「新芽野菜」とも呼ばれます。

スプラウトには、かいわれ大根などの「かいわれ系」と、モヤシなどの「もやし系」があります。

かいわれ大根の食べ方は、生のままのサラダや丼物の彩りとして用いられることが多いようです。

かいわれ大根は古くから食べられていて、平安時代の「和名類聚鈔」の「菜羹類」で黄菜(おうさい)として「かいわれ大根」が記述されています。

かいわれ大根は「さわやけ」とも呼ばれていて、「宇津保物語」には「さわやけの汁」があります。

 

次に、かいわれ大根の栄養・かいわれ大根の栄養は加熱で失われる・かいわれ大根の保存方法などの紹介をします。

 

かいわれ大根の栄養

 

25f10dc5483795c1501bdbe1bbf6837d_t

 

かいわれ大根は栄養成分豊富なスプラウトです。

料理の味と彩のアクセントとして人気のスプラウトです。

スッキリした辛みが人気のスプラウトには、メラトニン・イソチオシアネート・消化酵素・β‐カロテン・ビタミン類・ミネラル類を豊富に含んでいます。

かいわれ大根に含まれているメラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれています。

メラトニンには睡眠の質や生体リズムを改善する働きがあります。

イソチオシアネートは、かいわれ大根の辛み成分です。

イソチオシアネートには、動脈硬化・ガン・生活習慣病・老化などの予防効果があると考えられています。

消化酵素は、ジアスターゼとアミラーゼです。

ジアスターゼやアミラーゼなどの消化酵素は胃腸薬や消火剤にも使われています。

ビタミン類はビタミンC・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンKなどです。

次に、かいわれ大根の栄養と加熱・かいわれ大根の保存方法について紹介します。

 

加熱で失われる栄養

 

f2f727fa9da6f578bee6edecf78829c4_t

 

かいわれ大根には健康・美容に役立つ栄養成分が豊富に含まれています。

かいわれ大根を調理するときには、加熱で失われる栄養成分があることに気を付ける必要があります。

加熱で失われる栄養成分は、ビタミンCや消化酵素などです。

脂溶性ビタミンと呼ばれるビタミンAやビタミンKは失われません。

ビタミンCや消化酵素は失われますが、炒め物にして美味しく食べるのもおススメです。

次に、かいわれ大根の保存方法を紹介します。

 

かいわれ大根の保存方法

 

かいわれ大根の栄養成分は、メラトニン・イソチオシアネート・消化酵素・β‐カロテン・ビタミン類・ミネラル類などです。

かいわれ大根の栄養成分の中の加熱で失われるのはビタミンCや消化酵素になります。

かいわれ大根を上手に保存して美味しいスプラウトを楽しみませんか。

かいわれ大根は常温保存よりも冷蔵保存をおススメします。

冷蔵庫の野菜室に入れて毎日水を取り替えれば長持ちします。

冷蔵庫に保存するときには、かいわれ大根の容器から出して根本を洗って別の容器に移し替えます。

根本だけ水に浸かるようにして1日1回水替えしながら冷蔵保存すれば、1週間程度は美味しく食べられます。


PAGE TOP