うずらの卵のカロリーは生、フライ、水煮で違う?水煮の保存方法

Sponsored Link

うずらの卵のカロリーは少ないのでダイエット中でも安心ですね。

うずらの卵フライのカロリー・糖質と比べれば、うずらの卵の水煮はダイエット中でも安心です。

うずらの卵の水煮の上手な保存方法を知っていれば、美味しいうずらの卵を料理に利用できます。

 

次に、うずらの卵の栄養・うずらの卵のカロリーと糖質・うずらの卵フライのカロリーと糖質・うずらの卵の水煮の保存方法などの紹介をします。

 

うずらの卵の栄養

 

w621_Raising-Quail-3

 

うずらの卵には鶏卵に比べて豊富な栄養成分が含まれています。

ビタミンB12は鶏卵の5~6倍も含まれています。

ビタミンB12は、赤血球中のヘモグロビン生成を助けています。

神経の働きを正常に保つ働きをサポートしているので記憶力・集中力アップに役立ちます。

葉酸は鶏卵の約2倍含まれています。

葉酸はDNAなどの核酸を合成する働きがあります。

葉酸はビタミンB12と協力して血液をつくります。

鉄分はホウレンソウの1.5倍も含まれています。

リンは牛乳の約2倍含まれています。

他にも、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンK・ビタミンB6・レチノールなども含まれています。

うずらの卵に含まれているセレンには抗酸化作用があります。

セレンは老化や生活習慣病を予防する効果やガンの発生や転移を予防する効果もあります。

次に、うずらの卵の料理とカロリー・うずらの卵フライのカロリーと糖質・うずらの卵の水煮の上手な保存方法などの紹介をします。

 

うずらの卵の料理とカロリー

 

0b11fffe29cf

 

うずらの卵のカロリーは、100gで179kcalになります。

うずらの卵1個のカロリーは約22kcalです。

鶏卵100gのカロリーが151kcalです。

100g当たりのカロリーはうずらの卵の方が若干大きいですね。

うずらの卵フライのカロリーは約36kcalで糖質は約1.4gです。

うずらの卵の水煮のカロリーは約22kcalで糖質は約0.1gです。

うずらの卵は調理法によってカロリー・糖質が違ってきますね。

次に、うずらの卵の上手な保存方法を紹介します。

 

うずらの卵の水煮の保存方法

 

うずらの卵のカロリーは約22kcalです。

うずらの卵フライのカロリーと糖質は、うずらの卵の水煮よりも多くなります。

うずらの卵は水煮にして上手に保存して調理に使えば美味しく食べられます。

うずらの卵は冷蔵保存すれば、夏場で2週間・冬場で3週間くらいは賞味期限があります。

うずらの卵を水煮にして冷蔵保存した場合、殻付きで約3日です。

殻にひびが入っている場合は約2日が賞味期限になります。

皮を剥いた水煮のうずらの卵の賞味期限は1日になります。

うずらの卵を水煮にした後に調味料で漬けると賞味期限を4~7日に延ばせます。

缶詰のうずらの卵の水煮の賞味期限は常温で2年です。

袋に密封されている水煮のうずらの卵の賞味期限は冷蔵庫で45日程度だとされています。

缶詰も密封袋も、開封すれば日持ちしないのでスグに食べてください。


PAGE TOP