タコに含まれる栄養成分とプリン体の量。タコの頭の栄養は足と違う?

Sponsored Link

たこは栄養成分豊富で低カロリー・低糖質の海の幸です。

美味しいたこ料理には栄養成分もたっぷりと含まれていますがプリン体も気になりますね。

タコの頭には足よりも栄養成分が含まれているといわれますが本当でしょうか。

日本ではタコ焼きなどの具材にも使われて人気ですが、欧米では「デビルフィッシュ」と呼ばれています。

欧米では少々敬遠されている蛸(たこ)ですが、日本の食文化には深く浸透しています。

日本ではたこを使った料理の、タコ焼き・刺身・寿司ネタ・酢の物・サラダ・オデン・煮物などが幅広く食べられています。

低カロリーなのに健康・美容効果が期待できる成分も含まれているのでヘルシー食材としても注目されています。

 

次に、たこの栄養と効能・たこの栄養とプリン体・タコの頭の栄養などの紹介をします。

 

たこの栄養と効能

 

p32

 

たこの栄養成分と効能を紹介します。

たこの栄養にはタンパク質があります。

タンパク質は、筋肉や臓器をつくる人には欠かせない栄養成分です。

タンパク質は赤血球の中のヘモグロビンの成分にもなります。

タコに含まれている脂質や糖質が少ないので、効率的にタンパク質を摂取できます。

高蛋白で低カロリーなのでダイエット時の食事におススメの魚介類です。

たこには魅力成分のタウリンが非常に豊富に含まれています。

タウリンの量は多く含むとされるイカと同程度です。

タウリンには、肝臓機能の改善・高血圧改善・目の網膜の修復などの働きがあります。

たこにはビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンEには動脈硬化を予防する働き・血液サラサラ・ホルモンバランスの改善・アンチエイジングなどの働きがあります。

たこにたっぷりと含まれているミネラル類の亜鉛には新陳代謝を改善する働きがあります。

たこには魅力的な栄養成分が方法に含まれていますがプリン体も気になりますね。

次に、たこに含まれるプリン体とタコの頭の栄養成分などの紹介をします。

 

たことプリン体

 

20180125a

 

たこは高タンパク・低カロリー・低糖質で栄養成分のタウリンなども多く含まれています。

たこの豊富な栄養成分は魅力的でもプリン体多いと痛風が気になります。

プリン体とは、穀物・肉・魚・野菜などの食物全体に含まれている旨味の成分になります。

通常は、プリン体は分解されて尿酸に変化して体外に排出されます。

尿酸値がカラダの排出能力を超えると蓄積されて痛風の原因になると言われています。

プリン体は食物100g当たりで、白米に25.9g含まれています。

乾燥大豆100gには172.5g・ピーナッツ100gには49.1g・納豆100gには113.9g含まれています。

タコ100gには137.3g含まれています。

ヤリイカ100gには160.5g含まれているので、タコのプリン体はイカよりも少ないですね。

カツオ100gには211.4g含まれていることを考えれば、タコのプリン体は気にすることはないと考えられます。

プリン体を気にして食べないよりも、高タンパク・低カロリー・低糖質でタウリンが多いタコを健康・美容におススメします。

次に、タコの頭の栄養の紹介をします。

 

タコの頭の栄養

 

たこは高タンパク・低カロリー・低糖質でタウリン等の栄養成分を豊富に含む魚介類です。

たこは栄養成分豊富で、プリン体も食べ過ぎなければ気にすることはありません。

タコの頭 には栄養成分がたっぷり含まれているようです。

タコに含まれている栄養成分は、疲労回復・血中コレステロール低下・動脈硬化予防・高血圧予防・肝機能改善・糖尿病予防・肥満予防・ダイエットなどに役立ちます。

たこの頭に入っている内臓部分は捨てられることが多いですが、内臓の各部位は全て食べられます。

たこの内臓は調理の仕方では美味しく食べられます。

栄養成分豊富なたこのもつ煮を食べてみませんか。


PAGE TOP