スイカと食べ合わせが悪い食べ物、飲み物と原因、理由

Sponsored Link

食べ合わせが悪い食べ物を一緒に食べるのは避けるのが適切ですね。

スイカとの食べ合わせが悪いと言われている食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

スイカは水分を多く含んでいる食べ物です。

スイカはスーパーなどではリンゴやバナナと同じコーナーにあります。

果物と考えられていますが果菜になります。

果菜とは果実を食用にする野菜になります。

野菜には、果菜類・葉菜類・根菜類があります。

果菜類には、トマト・スイカ・茄子・カボチャ・キュウリ・トウガラシ・トウモロコシ・イチゴ・ソラマメなどがあります。

夏の果菜類ではスイカが人気ですね。

スイカは果実を食用にする、ウリ科のつる性一年草になります。

スイカの原産地は、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯になります。

日本の主な品種には、「赤肉系大玉品種」・「種なし赤肉系品種」・「黒皮系品種」・「長形品種」・「黄肉系品種」・「花粉専用品種」・「漬物用品種」があります。

赤肉系大玉品種には、

・祭ばやし・祭ばやし777・縞無双・必勝・春のだんらん・夏のだんらん

・竜宝・暁ひかり・日章・翠章・貴ひかり・富士光・マイティー21・朝ひかりSR

・サマーキッズ・甘泉・甘喜・甘湧・夏まくら・キャノンボール・月美人

・バルビレッジスイカなどがあります。

 

次に、スイカとの食べ合わせが悪い食べ物やスイカの栄養成分・効能などの紹介をします。

 

スイカの栄養成分

 

c3a30d36323f8e8116ce30357eb0bdb8ab701d32

 

スイカと食べ合わせが悪いのは、脂っこくて温かい食べ物だといわれています。

水分が多い冷たいスイカと脂っこくて温かい食べ物を一緒に食べると、消化不良などにつながることもあるようです。

食べ方に注意することで消化不良は予防できます。

スイカの栄養成分には、リコピン・カリウム・シトルリン・シスペイン・イノシトール・マンノシターゼなどがあります。

リコピンには活性酸素を抑制する働きがあります。

スイカに含まれているリコピンはトマトの1.5倍にもなります。

カリウムは、体内の塩分を排泄するのに役立ちます。

シトルリンは、体内の老廃物や有害物質を体外に排泄するのに役立ちます。

シスペインはシミ・ソバカスに効果があるとされています。

イシノトールには動脈硬化を防ぐ働きがあります。

ビタミンB群のイノシトールは甲脂肪肝ビタミンとも呼ばれています。

マンノシターゼは糖質分解酵素で、ダイエットで注目されています。

 

牛乳・アイス・サイダー

 

cute_animal_natu02_b_04

 

牛乳・アイス・サイダーはスイカとの食べ合わせが悪い食べ物です。

水分が多い果菜のスイカと、冷たい飲料水との組み合わせでお腹の調子を悪くする人がいます。

健康な人であれば、量が多くなければ通常は問題ありません。

 

寒天やトウモロコシ

 

スイカとの食べ合わせが悪い食べ物には、寒天やトウモロコシもあります。

田舎では、スイカ・トウモロコシ・寒天を食べることもありますね。

寒天・トウモロコシ・スイカの組み合わせも食べ過ぎなければ問題はありません。

トウモロコシは食物繊維が多いので、単体で食べても消化が悪い食べ物です。

消化が悪いトウモロコシと、水分量が多くて消化液を薄めるスイカを一緒に食べると消化不良になる人もいます。

寒天とスイカの組み合わせは、胃腸を冷やすことが原因での不調だと考えられます。

寒天とスイカやトウモロコシとスイカの組合せでも食べ過ぎなければ問題ありません。


PAGE TOP