ローレルとローリエ、ベイリーブス、月桂樹の違いと効果、使い方

Sponsored Link

ローレルとローリエの違いや、ベイリーブス・ローリエの違いを知っていますか。

ローレルやローリエにはどのような効果があるのでしょうか?

 

次に、ローレルとローリエの違いや、ベイリーブスとローリエの違い・ローレルやローリエ の効果などの紹介をします。

 

ローレルとローリエとベイリーブス

 

540x360xIMG_8742-540x360_jpg_pagespeed_ic_BzUMcbqiWt

 

ローレルとローリエの違いを分かるためにローレルの概要を紹介します。

日本ではローレルのことを、ロリエ・ベイリーフ・ベイリーブス・月桂樹(ゲッケイジュ)・ロールベールブレッターとも言います。

ローレルやベイリーフやベイリーブスは英語の発音です。

ロリエ・ローリエはフランス語の発音です。

日本語では月桂樹(ゲッケイジュ)になります。

ロールベールブレッターはドイツ語の発音になります。

ローリエは月桂樹の葉を乾燥した香辛料になります。

生薬としては月桂葉(げっけいよう)と呼ばれます。

次に、ベイリーブスとローリエの違いやローリエの効果などの紹介をします。

 

ローレルとベイリーフ

 

0a3a58a2d647077ffda2f66d6c6ee4e1_t

 

ローレルとローリエの違いはありませんでした。

ベイリーブスとローレルは発音が違うだけです。

ベイリーブスと似た発音のベイリーフは、ローリエと同じものだと思っていましたが、全く別物のようです。

ベイリーフは葉脈が縦になっています。

ローレルは葉脈が横になっています。

日本では呼び方が混在しているので間違いやすく、また販売店でも名称が混在している場合があるようです。

ベイリーフはカシアの葉で、ローレルは月桂樹の葉になります。

ベイリーフとローレルの使い分けでは、ベイリーフは主にインド料理のテンパリング時に使います。

ベイリーフはインド料理には欠かせないスパイスとされています。

ローレルは、主にスープを煮込む際の臭い消しや香り付けに使います。

ローレルとトマト料理との相性は抜群ですね。

ベイリーフとローリエは違う葉ですが、ベイリーブスとローリエは同じ葉です。

次に、ローリエ(月桂樹)の効果を紹介します。

 

月桂樹(ローリエ)

 

ローレルとローリエの違いは発音だけです。

ベイリーブスとローリエは同じ葉ですが、ベイリーフとローリエは違う葉になります。

月桂樹には英語・フランス語・ドイツ語の発音があり名称も混在していますが、ベイリーフとローレルは違う葉なので料理で使う時には注意が必要です。

月桂樹(ローリエ)の料理での効果は、スープを煮込むときの臭い消しや香りづけですね。

月桂樹(ローリエ)は小アジア原産の植物ですが、ヨーロッパでよく使用されるスパイスになっています。

月桂樹(ローリエ)には、清々しい明瞭な芳香があります。

肉の臭みなどを消す効果を利用して、欧風カレーやポトフなどの煮込み料理に使われています。

月桂樹(ローリエ)は出汁・ソースなどにも利用されています。


PAGE TOP