にんじんの臭み、青臭さ、えぐみを取る簡単な方法

Sponsored Link

人参には臭み成分があるので嫌いな野菜に選ぶ子供が多いですね。

大人になっても人参のえぐみや人参の青臭さが苦手な人が多いようです。

人参独特の臭みを消す方法があれば、栄養豊富な緑黄色野菜を楽しめます。

人参に含まれている栄養成分にカロテンがあります。

カロテンの名前は、人参の英名の「キャロット」が語源であるといわれています。

人参にはカロテンの一種であるβ-カロテンが豊富に含まれています。

β‐カロテンは体内でビタミンAに変換される、ビタミンAと同じ効能を持つ栄養素です。

ビタミンAになったβ‐カロテンは血液によって身体の隅々まで運ばれて、皮膚・目・粘膜を健康な状態に保つのに役立ちます。

ビタミンAには抗酸化力があるので身体の抵抗力を高める効果が期待できます。

β-カロテンは油と一緒に調理すると体内で効率よく吸収できます。

油などでソテーにしたりオイル系のドレッシングをかけて食べれば、美味しく効率よく摂取できます。

β-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。

ビタミンAの摂りすぎを心配する必要はありません。

人参は野菜の中ではショ糖を多く含んでいるため特有の甘みがあります。

 

次に、気になる人参の臭み成分・人参のえぐみ・人参の青臭さを消す方法を紹介します。

 

塩で揉む臭み取り方法

 

fd400317

 

気になる人参の臭み成分・人参のえぐみ・人参の青臭さを消す方法には、塩で揉む・酢を使う・茹でる・水にさらす・油分を使う方法などがあります。

次に、塩で揉む人参の臭み成分を消す方法を紹介します。

ステップ1・好みの大きさに人参を切ります。

ステップ2・ボウルに人参を入れて塩を適量入れます。

ステップ3・ボウルの中で人参を塩もみします。

ステップ4・塩もみした後5~10分程おいてから塩を洗い流します。

塩で揉む方法に酢を加えることでさらに臭みを消す効果が生まれます。

酢には人参の臭み成分との相性が良いので臭みを抑える効果があります。

ステップ1・好みの大きさに切った人参を入れたボウルに塩と酢を適量入れて、人参を塩もみします。

ステップ2・塩と酢で揉んだ人参を5~10分程おいてから洗い流します。

 

茹でる方法と水にさらす方法

 

a1

 

気になる人参の臭み成分・人参のえぐみ・人参の青臭さを消す方法には茹でる方法もあります。

ステップ1・好みの大きさに人参を切る。

ステップ2・お湯に人参を入れて塩または酒を入れる。

ステップ3・湯がいて灰汁がでたらシッカリと取り除きます。

水にさらす人参の臭み成分・人参のえぐみ・人参の青臭さを消す方法を紹介します。

ステップ1・好みの大きさに人参を切る。

ステップ2・水を入れたボウルに人参を入れる。

ステップ3・半日ほど水にさらします。

 

油分を使う

 

気になる人参の臭み成分・人参のえぐみ・人参の青臭さを消す方法には、油分を使う方法があります。

人参は油分と相性が良い緑黄色野菜です。

人参を、炒め物・揚げ物などにして油分のあるものと組み合わせることで臭みをごまかせます。

マヨネーズにも油分が含まれているので、人参の臭みが気になる時にはマヨネーズを合わせても効果があります。


PAGE TOP