うずらの卵のゆで方、茹で時間、半熟にする方法。きれいに剥くコツ

Sponsored Link

うずらの卵は茹で方を間違うと、せっかくの美味しさを台無しにします。

うずらの卵の茹で方には半熟と固ゆでがあります。

半熟のうずらの卵の剥き方にはコツがあるそうですよ。

 

次に、うずらの卵の栄養成分・うずらの卵の茹で方ステップ・うずらの卵の茹で方を半熟にしたいときの時間やうずらの卵の剥き方などの紹介をします。

 

うずらの卵の栄養成分

 

138ef86405a45cf74f40db7924d14574_t

 

うずらの卵は1つが10~12gと小さいですが、鶏卵よりもビタミン類などの栄養成分が豊富な卵です。

美味しくて栄養成分豊富なうずらの卵の茹で方には固ゆでと半熟があります。

うずらの卵の茹で方の固ゆでや半熟を自在にできれば、美味しいうずらの卵を楽しめますね。

うずらの卵を半熟にしたときには殻の剥き方にも注意が必要です。

うずらの卵にはビタミンB12が豊富に含まれています。

うずらの卵に含まれているビタミンB12は鶏卵よりも多く、卵類ではトップクラスの含有量だとされています。

100gで比較すれば、鶏卵の約5.2倍のビタミンB12が含まれています。

ビタミンB12の働きには造血作用があります。

ビタミンB12は葉酸と共に赤血球をつくる働きがあります。

造血作用で血液量が増えれば貧血やめまいを予防できます。

うずらの卵に含まれている葉酸は鶏卵の約2.1倍です。

うずらの卵に含まれているビタミンB12や葉酸には貧血やめまい予防に役立ちそうです。

葉酸にはDNAやタンパク質の合成を促す働きがあるので、妊婦さんには大切な栄養になります。

うずらの卵に含まれているビタミンB2は脂質の分解を促して、過酸化獅脂質を分解する働きがあります。

ビタミンB2が豊富なうずらの卵は動脈硬化などの生活習慣病予防に効果がありますね。

次に、うずらの卵の茹で方の固ゆでと半熟をつくる簡単な方法とうずらの卵の殻の剥き方

の紹介をします。

 

うずらの卵の茹で方

 

41jdpibvgJL

 

うずらの卵の茹で方には、水から茹でる方法とお湯から茹でる方法があります。

水からとお湯から茹でる方法で固ゆでと半熟ができます。

水から茹でる方法のステップは、

ステップ1・うずらの卵を、ひたひたに被るぐらいの水を入れた鍋に入れる。

ステップ2・鍋を火にかけて箸で卵を転がしながら加熱します。

ステップ3・お湯が沸騰したら2分間加熱します。

ステップ4・2分加熱したら火を止めて2分間放置します。

ステップ5・冷水にさらして、完全に冷ませばOKです。

お湯から茹でる方法のステップは、

ステップ1・お湯から茹でる前に、うずらの卵を常温に戻します。

冷たい卵をお湯に入れると、割れてしまうので注意してください。

ステップ2・ 鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させます。

ステップ3・お玉やスプーンを使って沸騰したお湯の鍋の中にゆっくりと、うずらの卵を沈めてゆっくりと転がします。

ステップ4・3分~3分半茹でます。

ステップ5・茹で上がったら冷水に放して冷まします。

次に、うずらの卵の茹で方の半熟のつくりかたとうずらの卵の剥き方の紹介をします。

 

半熟のうずらの卵

 

半熟のうずらの卵の茹で方を紹介します。

うずらの卵の茹で方は茹で時間で変わります。

お湯から茹でる場合の茹で時間を紹介します。

2分間の茹で時間では、かなり黄身がとろとろに仕上がります。

2分半の茹で時間では、まあまあ半熟に仕上がります。

3分の茹で時間では、やや固ゆでに仕上がります。

固ゆでに仕上げるには3分半の茹で時間が必要です。

うずらの卵を半熟にしたいときには、茹で時間をきっちり計ることが大切です。

半熟のうずらの卵を作るときには、だいたい2分~2分40秒位と覚えておけば間違いありません。

うずらの卵の殻の剥き方は卵の殻を粉々に割ることです。

鍋に入れてカシャカシャ振れば殻を細かく割れます。

蓋つきのお椀に入れて振って割る方法もあります。


PAGE TOP