チンゲン菜の栄養を損なわない調理方法。茎にも栄養がある?

Sponsored Link

チンゲン菜には美容と健康に役立つ栄養成分が含まれています。

チンゲン菜の葉と茎の栄養を美味しく食べて健康美人になりませんか。

チンゲン菜を加熱したら栄養成分どうなるのでしょうか。

チンゲン菜の美味しい料理方法をしっていれば健康・美容に役立ちそうです。

チンゲンサイの漢字表記は「青梗菜」です。

チンゲン菜はアブラナ科の青菜系の野菜になります。

チンゲン菜の和名はタイサイ(体菜)です。

白軸のものは日本では「しろ菜」とも呼ばれています。

チンゲン菜の原産地は中国華南地方になります。

日本にチンゲン菜が伝わったのは1970年代の日中国交回復の頃だと言われています。

チンゲン菜の露地ものは秋が旬とされています。

気候の変化に比較的強く生育期間が40~50日と短いことから、日本国内の主産地の静岡県・長野県・埼玉県ではハウス栽培が盛んです。

ハウス栽培によって、スーパーや八百屋さんでは1年中購入できます。

気候の変化に比較的強いので家庭でも栽培できます。

露地栽培やプランター栽培をしている家庭も多いようです。

チンゲン菜の葉は緑色で肉厚な軸の部分は淡緑色をしています。

チンゲン菜の特徴は、柔らかく・歯切れが良く・アクが無く・煮崩れしないことです。

チンゲン菜は、炒め物やスープ・煮込み料理で美味しく食べられています。

 

次に、チンゲン菜の栄養成分・チンゲン菜の茎の栄養・チンゲン菜を加熱調理した時の栄養成分などの紹介をします。

 

チンゲン菜栄養成分

 

vaf_00026

 

チンゲン菜の主な栄養成分は、ビタミンA・ビタミンC・β‐カロテンなどのビタミン類と、カルシウム・カリウム・鉄分などのミネラル類と食物繊維になります。

チンゲン菜に含まれているβ‐カロテンには、抗発ガン作用や免疫賦活作用があります。

β‐カロテンは体内でビタミンAに変換されて、髪の健康維持・視力維持・粘膜や皮膚の健康維持・喉や肺など呼吸器系統を守ります。

カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。

カリウムは高血圧予防や長時間運動による筋肉の痙攣の予防効果もあります。

カルシウムには骨を生成するだけでなくイライラ解消にも効果があります。

ビタミンCは風邪の予防・疲労回復・肌荒れ改善に効果があります。

次に、チンゲン菜の茎の栄養・チンゲン菜を加熱した時の栄養などについて紹介します。

 

チンゲン菜の茎の栄養

 

o0800053312859336649

 

チンゲン菜の栄養成分には、ビタミン類のビタミンA・ビタミンC・β‐カロテンやミネラル類のカルシウム・カリウム・鉄分と食物繊維があります。

チンゲン菜の茎の栄養成分も同じです。

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・ビタミンK・パントテン酸・リン・マグネシウムなども含まれています。

チンゲン菜で注目のビタミン類はβ‐カロテンです。ピーマンの約6倍も含まれています。

次に、チンゲン菜を加熱調理した時の栄養について紹介します。

 

チンゲン菜を加熱調理した時の栄養

 

チンゲン菜の栄養成分は、チンゲン菜の葉も茎も同じです。

チンゲン菜は油との相性が良いとされています。

美味しい油いため料理など効率よく栄養成分を摂取してください。

チンゲン菜は加熱しても栄養成分は損なわれないので、炒め物などで美味しく食べてください。

豚肉や鶏肉などのタンパク質とチンゲン菜を一緒に摂取することで、チンゲン菜の栄養成分の吸収率をアップできます。


PAGE TOP