粉吹き芋の簡単なレシピ、コツ。電子レンジでも作れる作り方

Sponsored Link

粉ふきいもが好物の人も多いと思います。

粉ふきいもを簡単にレンジで作る方法を知っていれば便利ですね。

粉ふきいもを使った美味しいレシピや、美味しい粉ふきいもをつくるコツを知っていれば子供たちに喜ばれそうです。

粉ふきいもを作るには、ジャガイモの種類を間違わないようにしないといけません。

日本で栽培されているジャガイモには、男爵薯・メークイン・キタアカリ・コナフブキ・とうや・ワセシロ・トヨシロ・ホッカイコガネ・インカのめざめ・デジマ・ニシユタカなどがあります。

粉ふきいもを作るなら男爵薯をおススメします。

男爵薯の形は丸くややゴツゴツしています。

芽の部分のくぼみが深いので皮が向きにくいのが欠点です。

果肉は白っぽく粉質です。

デンプン価は14~16%程です。

男爵薯を加熱するとホクホクした食感を楽しめます。

男爵薯はホクホクした食感と香りが人気です。

ベークドポテト・フライドポテト・ポテトサラダ・コロッケに適しています。

煮崩れしやすいので肉じゃが等の煮込む料理には向いていません。

 

次に、ジャガイモのこと・粉ふきいもを簡単にレンジで作る・粉ふきいものレシピ・粉ふきいもを美味しくつくるコツなどの紹介をします。

 

粉ふきいも

 

20110703_01

 

粉ふきいもを作るのにおススメのジャガイモは男爵薯です。

男爵薯と呼ばれるようになったのは「川田男爵」から譲り受けた品種だったからのようです。

「川田男爵」が英国の種苗商から著名品種の種イモを入手した中の一つの品種です。

原品種不明だったので男爵薯と名付けられました。

北海道で、1928年(昭和3年)に男爵薯とメークインが最良品種に決定されています。

ジャガイモはナス科ナス属に分類されているので、イモ類よりもナス類に近い野菜になります。

ジャガイモには、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどのビタミン類やカリウム・マグネシウムなどのミネラル類・食物繊維を豊富に含んだ栄養バランスの良い食品です。

ジャガイモは、ビタミンC不足・ストレス過多・イライラ・血圧・便秘・むくみ・腸内環境・血糖値などを改善したい人におススメです。

次に、粉ふきいもを簡単にレンジで作る・粉ふきいものレシピ・粉ふきいもを美味しくつくるコツなどの紹介をします。

 

粉ふきいもはレンジで

 

cf74ca1ccb5697d214bf03df50c62e11_t

 

粉ふきいもは簡単にレンジを使って作ることができます。

粉ふきいもをレンジで美味しくつくるステップを紹介します。

ステップ1・ジャガイモの皮を剥いて一口サイズにカットします。

ステップ2・500Wレンジで100g当たり2分30秒加熱します。

ステップ3・レンジから取り出して数分蒸らします。

ステップ4・塩コショウやパセリを使ってお好みで味付けすれば完成です。

次に、粉ふきいものレシピや美味しい粉ふきいもをつくるコツを紹介します。

 

粉ふきいものレシピ

 

粉ふきいもをつくるのは簡単です。

500Wのレンジで、100当たり2分30秒加熱して数分間蒸らせば完成です。

美味しい粉ふきいものレシピには、じゃがバター粉ふきいも・ジャーマンポテト・粉ふきいもきんぴら・のり塩ポテト・ガーリック粉ふきいもなどがあります。

美味しい粉ふきいもを作るコツは、イモの種類と柔らかめに茹でることです。

男爵薯を、柔らかく茹でて、粉が吹くまで水分をよくとばせば美味しい粉ふきいもが出来あらります。


PAGE TOP