ブルーベリーを食べる適量。食べ過ぎると腹痛、下痢、便の色が変わる

Sponsored Link

ブルーベリーには目のケアに良いアントシアニンが豊富に含まれています。

現代は、日常生活だけでなくスマホやパソコンを利用して仕事をしています。

美味しいブール―ベリーを食べるのは適量が良さそうです。

ブルーベリーを食べ過ぎると腹痛を起こすこともあります。

ブルーベリーを食べ過ぎて便が緑や黒になったことはありませんか。

健康と美容に役立つブルーベリーでも食べ過ぎると体に良くありません。

ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類されている北アメリカ原産の果実です。

ブルーベリーには6系統ありますが、食べられているのは3系統です。

食べられているのは、ハイブッシュブルーベリー系統(栽培種)・ラビットアイブルーベリー系統(栽培種)・ローブッシュブルーベリー(野生種)です。

世界的なブルーベリーの代表産地は、アメリカ(4~10月)・オーストラリア(9~3月)・ニュージーランド(11~3月)・チリ(11~4月)になります。

日本の主な産地は、長野県・茨城県・群馬県・東京都・神奈川県・岩手県・滋賀県、兵庫県、愛媛県、熊本県などになります。

 

次に、ブルーベリーのこと・ブルーベリーは適量食べよう・ブルーベリーの食べ過ぎの腹痛・ ブルーベリーを食べ過ぎの便が緑・ブルーベリーを食べ過ぎると?などを紹介します。

 

ブルーベリー

 

fruit_blueberry

 

ブルーベリーに含まれている栄養成分ではアントシアニンが良く知られています。

アントシアニンはポリフェノールの一種です。

アントシアニンには、目の網膜視細胞で光を伝達するロドプシンの再合成を促進する働きがあります。

アントシアニンには活性酸素を抑制する働きがあります。

アントシアニンはガンや生活習慣病予防に役立ちます。

ブルーベリーにはビタミンEも含まれています。

ビタミンEにも抗酸化作用があります。

ビタミンEには活性酸素を減らすのでアンチエイジングに役立ちます。

アントシアニンは骨粗しょう症の予防効果もあります。

アントシアニン豊富なブルーベリーでも食べるのは適量にしたいですね。

次に、ブルーベリーの食べ過ぎの腹痛・ブルーベリーを食べ過ぎの便が緑・ブルーベリーを食べ過ぎると?などを紹介します。

 

ブルーベリーの一日の摂取量

 

33c7c232ab5af323715f8212d4c890db_t

 

ブルーベリーの一日の適量を知っていれば、ブルーベリーを食べ過ぎて腹痛になることはありません。

ブルーベリーを食べ過ぎて便が緑になって驚くこともありません。

ブルーベリーを食べ過ぎると、効果的に栄養を摂取できません。

目の疲れを回復させるための1日に必要なアントシアニンの量は、約40~90mgと言われています。

生のブルーベリー100gには3~4gのアントシアニンが含まれています。

ブルーベリーだけからアントシアニンを摂取する場合は約60~300g食べなくてはいけません。

乾燥ブルーベリーなら約12~25gになります。

ブルーベリージャムであれば約40~90gです。

生のブルーベリーから1日のアントシアニンを摂取するのは無理です。

1日に必要なアントシアニン量を摂取するならサプリメントを利用する方法もあります。

 

ブルーベリーの食べ過ぎ

 

ブルーベリーだけで1日の適量のアントシアニンを摂取するのは無理です。

ブルーベリーだけでアントシアニンを摂取しようとすれば腹痛になります。

ブルーベリーを食べ過ぎて便が緑や黒にならないように注意してください。

ブルーベリーを食べ過ぎると、腹痛・吐き気・黒い便などになります。

アントシアニンを摂取しすぎても体内で副作用は起こしません。

体外に排出されるので便の色がいつもとは違うようになります。


PAGE TOP