スポンジケーキの保存方法、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

スポンジケーキの代表的なものはカステラです。

卵を泡立てた中に小麦粉・砂糖・香辛料などを混ぜて焼くスポンジ状のお菓子です。

スポンジは、ロールケーキ・デコレーションケーキ・カップケーキなどのベースに使います。

スポンジケーキの材料を紹介します。

直径18cmのスポンジケーキをつくる材料は、全卵3個・グラニュー糖90g・薄力粉90g・牛乳20cc・バター10gになります。

スポンジケーキの作り方には2通りあります。

共立てスポンジケーキと別立てスポンジケーキです。

スポンジケーキを利用したスイーツには、

・いちごシャルロットケーキ・いちごのショートケーキ・フルーツのシュートケーキ

・チョコレートケーキ・チョコレートクリームケーキ・ガトーショコラ・ロールケーキ

・ヨーグルトケーキ・抹茶ロールケーキ・チョコロールケーキ・エスプレッソロールケーキなどがあります。

 

次に、スポンジケーキの常温・冷蔵・冷凍保存方法の紹介をします。

 

スポンジケーキの作り方

 

021616_12_xl

 

スポンジケーキを使ったスイーツにはたくさんの種類があります。

クリスマスのデコレーションケーキ・いちごショートケーキ・コンビニエンスストア―の人気ロールケーキもスポンジケーキで作られています。

次にスポンジケーキの作り方を紹介します。

ステップ1・スポンジケーキの焼型に紙を敷いてバターを塗ります。

ステップ2・ボールに卵・砂糖を入れて湯煎して泡立てます。

ステップ3・気泡がきめ細かくもったりしてきたらふるった薄力粉を入れます。

ステップ4・泡と薄力粉が半分くらい混ざったら牛乳・バターの器に生地を入れてざっくり混ぜます。

ステップ5・焼き型に入れて180℃程度に予熱したオーブンで160℃で25分焼きます。

 

スポンジケーキの常温保存方法

 

2016062013

 

スポンジケーキは直射日光や高温多湿の場所を避けた冷暗所であれば常温保存ができます。

常温では乾燥を防ぐためにラップや袋やタッパーに入れる保存方法をおススメします。

常温保存するときのポイントは冷ましてから、ラップ・袋・タッパーに入れることです。

熱いままラップで包んだり、袋・タッパーに入れると蒸れてカビの発生の原因になります。

直射日光や高温多湿の場所を避けた冷暗所に置いたスポンジケーキは常温で1~3日程度持ちます。

温度や湿度が高い春季・夏季・秋季はカビが発生しやすいので注意が必要です。

スポンジケーキは腐敗するよりもカビの発生が先なので、食べられるか否かはカビで判断できます。

 

スポンジケーキの冷蔵・冷凍保存方法

 

スポンジケーキの冷蔵・冷凍保存方法を紹介します。

スポンジケーキを冷蔵保存するときの注意点はパサパサにならないようにすることです。

冷蔵庫の温度はデンプンが一番劣化する温度なので、スポンジケーキの冷蔵保存は良くありません。

1日程度であれば劣化も気にならないので、温度や湿度が高い春季・夏季・秋季には冷蔵保存が安全ですが冬季は常温保存をおススメします。

冷蔵保存しても1~3日程度です。

冷蔵保存よりも冷凍保存をおススメします。

スポンジケーキが冷めたらラップで包んでタッパーに入れるかフリーザーパックに入れて冷凍保存します。

冷凍したスポンジケーキを解凍するときは自然解凍にします。

冷凍保存期間は1ヶ月程度になります。

 


PAGE TOP