クレソンの旬、栄養、効能。ステーキにクレソンが添えてある理由

Sponsored Link

クレソンは和名を和蘭芥子(オランダガラシ)と呼ぶアブラナ科の多年草です。

水中または湿地に生育しています。

クレソンはフランス語表記になります。

フランス語表記では「Cresson」になります。

クレソン(和蘭芥子)の原産地はヨーロッパから中央アジアだと考えられています。

 

次に、クレソンの旬や保存方法・クレソンの栄養・クレソン効能・ステーキにクレソンを使う理由などの紹介をします。

 

クレソンの栄養と効能

 

6b06becefba9cf98e32805bffbdbdc99

 

クレソン(和蘭芥子)を使うなら旬の時期が良いですね。

次に、クレソンの栄養やクレソン効能を紹介します。

クレソン(和蘭芥子)に含まれる栄養素は、β‐カロテンなどの豊富なビタミン類です。

クレソン(和蘭芥子)には辛み成分の「シニグリン」も含まれています。

辛み成分の「シニグリン」を含んでいるクレソン(和蘭芥子)は肉料理の付け合わせに使われます。

肉料理の付け合わせに使われる理由は、辛みで肉料理の脂っこさを緩和してくれる働きがあるからです。

「シニグリン」の効果には、食欲増進・消化のサポート・血液の酸化予防などがあります。

ストレス過多になるとビタミン不足になるようです。

食欲増進や血液酸化予防の働きがあるクレソン(和蘭芥子)を食べてビタミン不足を改善しませんか。

 

クレソンの旬と保存方法

 

20100423150346b78

 

クレソン(和蘭芥子)の旬は3月~5月になります。

β‐カロテンなどビタミン類や辛み成分の「シニグリン」を含むクレソン効能は、食欲増進・消化のサポート・血液の酸化予防などです。

クレソンをスーパーや八百屋さんで選ぶときには、葉が大きくて濃い緑のものを選びましょう。

良質なクレソンは香りが強くなります。

クレソンを選ぶときには香りが強いものを選んでください。

クレソンの茎が曲がっているのは収穫から時間が経っている可能性があります。

クレソンは乾燥にとても弱い野菜なので保存には注意が必要です。

保存をする時には、湿らせたキッチンペーパーで包んで立てた状態で冷蔵庫の野菜室に保存します。

水を入れたコップにさして保存する方法もあります。

次に、ステーキの付け合わせにクレソンを使う理由を紹介します。

 

ステーキにクレソンを使う理由

 

クレソン(和蘭芥子)の旬は3月~5月なので、クレソンの栄養やクレソン効能を有効利用するには3月~5月頃が良さそうです。

ステーキの付け合わせにクレソンを使う理由は、辛み成分の「シニグリン」がステーキの油っぽさを消してくれるからと考えられます。

クレソンはステーキなどの肉料理の付け合わせだけでなく、炒め物や天ぷらでも食べられています。

辛味(カラシ油配糖体)成分の「シニグリン」には抗菌性の物質も含まれています。


PAGE TOP