もやしは袋ごと冷凍できる?冷凍保存期間と解凍したもやしは洗う?

Sponsored Link

もやしを冷凍保存する方法があるようです。

もやしを冷凍保存するときに、購入した時のまま袋ごと保存すると失敗します。

もやしの冷凍保存期間は、もやしを袋から出して洗うことでのばせます。

日本人の多くが大好きな野菜に「もやし」があります。

「もやし」を漢字表記すると、「萌やし」になります。

もやし(萌やし)とは、主に穀類や豆類の種子を人為的に発芽させた新芽になります。

もやし(萌やし)は、暗所で発芽させたスプラウトです。

スプラウトを英語表記すると「Sprout」になります。

スプラウト(Sprout)とは、穀類・豆類・野菜などの種子を人為的に発芽させた新芽のことです。

発芽した芽と茎を食用とするスプラウトは、発芽野菜や新芽野菜とも呼ばれます。

スプラウトには「もやし系」と「かいわれ系」があります。

「もやし系」のスプラウトは頭部に種子を付けた状態で伸びた発芽野菜です。

「もやし系」のスプラウトは光を当てることなく暗室のみで栽培します。

「かいわれ系」のスプラウトは種から根を伸ばした発芽野菜です。

「かいわれ系」スプラウトは茎が伸びた後は光を当てて栽培します。

もやし(萌やし)の名前は、発芽させる意味の「萌やす」に由来しています。

 

次に、もやし(萌やし)のこと・もやし(萌やし)の栄養と効能・もやしを冷凍保存にする・袋ごと冷凍保存・もやしの冷凍 保存期間はもやしを袋から出して洗うことでのびる?などの紹介をします。

 

もやし(萌やし)

 

bean-sprouts-plastic-bag

 

もやし(萌やし)の主な原料は大豆・緑豆・ブラックマッペなどになります。

「大豆もやし」は、大豆を原料として発芽させた発芽野菜です。

「大豆もやし」は、韓国料理や中華料理での炒め物に使われています。

「大豆もやし」のことを沖縄では豆菜(マーミナー) と呼んでいます。

豆菜(マーミナー)は、炒め物(チャンプルー)の材料によく使われています。

「緑豆もやし」は、緑豆を原料とする発芽野菜になります。

「緑豆もやし」の特徴は、太めで比較的淡泊でクセがない味です。

「ブラックマッペもやし」は、ブラックマッペ (ケツルアズキ) の黒色の種子を原料とする発芽野菜です。

クセがありますが甘みがあるので人気があります。

次に、もやしの栄養と効能・もやしを冷凍保存にする・袋ごと冷凍保存・もやしの冷凍 保存期間はもやしを袋から出して洗うことでのびる?などの紹介をします。

 

もやしの栄養と効能

 

f57m_2024

 

もやし(萌やし)に含まれている栄養成分には、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維があります。

ビタミン類は、葉酸・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・ビタミンAなどです。

ミネラル類は、亜鉛・鉄分・カルシウム・カリウムなどです。

緑豆もやしには尿酸の生成を促す働きがあるモリブデンを含んでいます。

モリブデンには鉄分の利用を促す働きもあります。

葉酸やモリブデンを含むもやし(萌やし)は貧血予防に良さそうです。

次に、もやしを冷凍保存にする・袋ごと冷凍保存・もやしの冷凍 保存期間はもやしを袋から出して洗うことでのびる?などの紹介をします。

 

もやしの冷蔵保存と冷凍保存

 

もやしを冷蔵保存にするときには、購入した時の袋ごと冷蔵保存してはいけません。

水を入れたタッパーなどの密閉できる容器に入れて浸します。

水を2~3日に1回入れ替えれば1週間ほどは賞味期限を延ばせます。

水に浸したもやし(萌やし)は、水に栄養素が溶けだしてしまうので栄養成分の摂取は期待できません。

もやし(萌やし)は冷凍保存できます。

購入してそのまま袋ごと冷凍保存すると失敗します。

袋のまま冷凍保存すると臭いが出て解凍しても美味しありません。

もやし(萌やし)の冷凍保存方法には2つあります。

・1回茹でてから冷凍保存する方法と、

・生萌やしを洗ってから冷凍保存する方法です。

どちらの場合も、もやしの冷凍保存期間は1~2週間程度です。

もやし(萌やし)を袋から出して生のまま洗う方法の冷凍保存方法が簡単で良いですね。

ステップ1・購入したもやし(萌やし)を袋から出して水洗いをします。

ステップ2・水洗いしたもやし(萌やし)はキッチンペーパーなどで水をよく切ってフリーザーバックや保存容器に入れて冷凍保存します。


PAGE TOP