そうめんかぼちゃの下ごしらえ、食べごろ、食べ方、味付け方法

Sponsored Link

そうめんかぼちゃとは、キンシウリのことです。

キンシウリ(金糸瓜・錦糸瓜)は、ウリ科カボチャ属ペポ種に属する西洋カボチャの種類です。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の原産地はアメリカ大陸です。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)は、「素麺南瓜」だけでなくソウメンウリ(素麺瓜)やイトカボチャ(糸南瓜)とも呼ばれています。

そうめんかぼちゃ(素麺南瓜)・ソウメンウリ(素麺瓜)やイトカボチャ(糸南瓜)・金糸瓜の名前の由来は、ほぐした果肉の形状にちなんでいます。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)を下ごしらえして美味しく食べませんか。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の食べごろ時期をしっていれば旬を楽しめそうです。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の栄養・効能・選び方・保存方法・美味しい味付けなどを調べてみました。

 

次に、そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の栄養・選び方・保存方法・そうめんかぼちゃの下ごしらえ・そうめんかぼちゃの食べごろ・そうめんかぼちゃの美味しい味付けなどの紹介をします。

 

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の栄養

 

kinsiu_2

 

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の栄養成分は、食物繊維・ビタミン類・ミネラル類などです。

食物繊維は腸内環境の改善に役立ちます。

ビタミン類は、β‐カロテン・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビタミンCなどです。

ミネラル類は、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などです。

次に、そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の選び方・保存方法・そうめんかぼちゃの下ごしらえ・そうめんかぼちゃの食べごろ・そうめんかぼちゃの美味しい味付けなどの紹介をします。

 

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の選び方・保存方法

 

yjimagePXH71XJR

 

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の選び方のポイントは、ずっしりと重みがあるもので軸の付け根が星状に締まったものになります。

全体的に色むらがなく、傷も少ないものを選びます。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の色は、薄い緑がかったものから黄色くなったものまであります。

薄い緑色のそうめんかぼちゃ(金糸瓜)でも寝かせて追熟させれば黄色くなるので問題はありません。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)は保存性が高いのが特徴です。

通常のかぼちゃと同じような保存方法で大丈夫です。

直射日光を避けて風通しのよい冷暗所に保存すれば数ヶ月は賞味期限を保てます。

夏場の気温が高い時期では、一般家庭での長期保存は難しく1~2ヶ月程度の賞味期限になります。

次に、そうめんかぼちゃの下ごしらえ・そうめんかぼちゃの食べごろ・そうめんかぼちゃの美味しい味付けなどの紹介をします。

 

そうめんかぼちゃの下ごしらえ

 

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の下ごしらえのステップを紹介します。

ステップ1・金糸瓜を半分に切って中の種をスプーンなどで掻き出します。

ステップ2・金糸瓜の皮を剥いて鍋に入る大きさにカットする。

ステップ3・水を入れた鍋に金糸瓜を入れて一つまみの塩を入れて茹でる。

ステップ4・箸で刺してスッと通ったら火を止めます。

ステップ5・水でさらしながらほぐします。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の食べごろの時期は7月中旬~9月下旬頃になります。

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の味付けは和風が美味しいですね。

素麺のように麺つゆで食べると美味しいです。

欧米ではパスタのようにソースを絡めて食べるようです。

ほぐした果肉に砂糖を加えてジャム状にしてパイに包んで焼いて食べても美味しいですね。


PAGE TOP