サニーレタスと玉レタス、グリーンリーフの違い。栄養価は違う?

Sponsored Link

サニーレタスの栄養成分は結球レタス(レタス)と比べて違いがあるのでしょうか。

サニーレタスとグリーンリーフの違いを知っていますか。

レタス類に含まれている栄養成分は、ビタミン類とミネラル類と食物繊維などです。

ビタミン類は、β‐カロテン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・葉酸・パントテン酸などが含まれています。

ミネラル類は、カルシウム・カリウム・鉄分・マグネシウム・リンなどが含まれています。

サニーレタスは、非結球型のレタスになります。

サニーレタスとは、葉レタスの品種で、特に紅色・紅褐色がかかった葉の品種になります。

サニーレタスの別名には「アカチリメンチシャ」や「レッドレタス」などがあります。

 

次に、サニーレタスの栄養・結球レタス(レタス)との違い・サニーレタスとグリーンリーフの違いなどの紹介をします。

 

サニーレタスの栄養

 

kohacu_com_001194_20180513-300x300

 

サニーレタスは緑黄色野菜になります。

淡色野菜とされる結球レタスと異なり、葉の先が縮れるとともに赤紫色になっています。

サニーレタス100g当たりに含まれている栄養成分のビタミン類・ミネラル類・食物繊維を紹介します。

・β‐カロテン‐2000ug・ビタミンC -17mg・ビタミンE-1.3mg

・ビタミンK-160ug・ビタミンB1-0.1mg・ビタミンB2-0.1mg

・ナイアシン‐0.3mg・ビタミンB6-0.08mg・葉酸-120ug

・パントテン酸-0.14mgです。

ミネラル類は、カルシウム‐66mg・カリウムー410mg・鉄分-1.8mg

・マグネシウム‐15mg・リン‐31mgです。食物繊維は2gです。

次に、結球レタス(レタス)との違い・サニーレタスとグリーンリーフの違いを紹介します。

 

結球レタス(レタス)との違い

 

e50m_7542

 

結球レタス(レタス)は淡色野菜です。

レタスにはいろいろな種類があります。

・玉レタス・グリーンリーフ・ロメインレタス・サニーレタス

・シルクレタス・ピンクロウスター・サラダ菜・ブーケレタス

・グリーンオークリーフ・フリルレタス・チマサンチュ・茎レタスなどです。

玉レタス(結球レタス)の100g当たりの栄養成分は、

・β‐カロテン‐240ug・ビタミンC -5mg・ビタミンE-0.3mg

・ビタミンK-29ug・ビタミンB1-0.05mg・ビタミンB2-0.03mg

・ナイアシン‐0.2mg・ビタミンB6-0.05mg・葉酸-73ug

・パントテン酸-0.2mgです。ミネラル類は、カルシウム‐19mg

・カリウムー200mg・鉄分-0.3mg・マグネシウム‐8mg・リン‐22mgです。

食物繊維は1.1g

サニーレタスに含まれている栄養成分のビタミン類・ミネラル類・食物繊維は、玉レタスの栄養成分よりも多くなっています。

β‐カロテン・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・カルシウムなどが特に多いですね。

レタスを食べるのであればサニーレタスをおススメします。

次に、サニーレタスとグリーンリーフの違いを紹介します。

 

サニーレタスとグリーンリーフの違い

 

サニーレタスは玉レタス(レタス)に比べて 栄養成分が多いですね。

レタスは大きく分けると4つに分けられます。

結球レタス・葉レタス・立ちレタス・掻きレタスです。

サニーレタスやグリーンリーフは葉レタスになります。

葉レタスとは、葉が結球しないレタスの総称です。

サニーレタスとグリーンリーフの違いは見た目と栄養成分です。

グリーンリーフはキレイな緑色をしています。

サニーレタスは葉が紅色・紅褐色をしています。

栄養成分はサニーレタスに比べてグリーンリーフの方が少し多くなっています。

味はグリーンリーフの方がほんのりと苦みがあります。


PAGE TOP