空芯菜(エンサイ)の旬、別名、栄養、効能、食べ方

Sponsored Link

空芯菜(クウシンサイ)は、中国語で空心菜(コンシンツァイ)や通菜(トンツァイ)と呼ばれるのを日本語の読みにしたものです。

空芯菜(クウシンサイ)は「ヨウサイ」のことで、ヒルガオ科サツマイモ属の野菜になります。

空芯菜の特徴は茎が空洞になっていることです。

 

次に、空芯菜の旬と食べ方・空心菜の選び方と保存・空芯菜の栄養成分などの紹介をします。

 

空心菜の旬

 

def703fb4ecad2db9220071d032e0f15_t

 

空心菜は、東南アジアなど暖かい地域に自生する植物になります。

沖縄では自生している空心菜を見かけます。

高温多湿を好む植物です。

国内では沖縄や九州などの温暖地の湿地帯や水田などで栽培されています。

昔は全国で流通するほどの量は生産されていませんでしたが、最近はハウスや施設での栽培も各地でされるようになってきています。

空心菜は美味しさや珍しさもあって人気が出ていてスプラウトも出回り始めています。

家庭菜園でも人気の野菜の一つです。

高温多湿を好む野菜なので、空心菜の旬は熱い夏です。

空心菜の旬は7~9月頃までの熱い夏になります。

次に、空心菜の選び方と保存・空芯菜の栄養成分などの紹介をします。

 

空心菜の選び方と保存

 

t-img036

 

空心菜の旬は7~9月頃になります。

スーパーや八百屋さんで空心菜を見かけたら、新鮮で美味しいのを選んでください。

空心菜を選ぶときには鮮度をチェックしてください。

葉先までのハリ・葉の緑が鮮や・緑が濃いものを選んでください。

葉がしなびていたり、色があせたものは鮮度が落ちています。

空心菜の根もとの切り口もポイントです。

切り口が瑞々しいものは美味しいです。

空心菜を保存するのは冷蔵庫の野菜室です。

空心菜は乾燥に弱い野菜なので、スグにしなしなになります。

野菜室に保存するときには、根もとの切り口に水を含ませたキッチンペーパーで包んで、濡らしたキッチンペーパーや新聞紙で全体を包み、ビニール袋などに入れます。

次に、空心菜の栄養成分を紹介します。

 

空心菜の栄養

 

空芯菜の旬に美味しいものを選んで料理を楽しみませんか。

空芯菜の栄養成分を美容と健康に役立ててください。

空心菜の栄養成分は食物繊維・ビタミン類・ミネラル類です。

ビタミン類ではβ‐カロテン・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2が多いようです。

β‐カロテンにはガン抑制・免疫アップ・視力維持・皮膚や粘膜の健康に役立ちます。

ビタミンCやβ‐カロテンはアンチエイジングにも役立ちます。

ビタミンB1・ビタミンB2は、エネルギー代謝を高めるので夏バテ防止に役立ちます。

空心菜に含まれているカルシウム・マグネシウム・ビタミンKは骨粗鬆症予防に役立ちます。

食物繊維は腸内環境の改善に役立ちます。

空心菜を使った主な料理には、炒め物・揚げ物・ソテー・おひたし・和え物・サラダ・汁物などがあります。

夏バテ予防に空心菜をおススメします。


PAGE TOP