フライパンで上手に揚げ物をする時の温度の目安とコツ

Sponsored Link

フライパンで上手に揚げ物ができるとうれしいですね。

テフロン製のフライパンで揚げ物をしても良いのでしょうか?

最近は、テフロン製のフライパンを使うことが多いので、テフロン製のフライパンで揚げ物ができればうれしいのですが・・・・。

フライパンは、主に焼く・炒めるなどに使われる調理器具になります。

フライパンはクッキングパン(鍋)の一種になります。

フライパンのことを、ソテーパン・スキレットと呼ぶこともあります。

フライパンは、多種多様な利用が可能な万能鍋として用いられる事が多いですね。

鍋の一種のフライパンは、浅く径が大きい事が特徴になります。

浅いので、一般的には焼く・炒めるなどの用途に使われますが、食用油を入れて揚げ物料理にも使われます。

水を入れて蓋をする事で蒸す調理にも使用されています。

子供から高齢者まで人気の餃子つくりでは、蓋が付きのフライパンが使われています。

フライパンの素材も多く、鉄・ステンレス・アルミニウム・ホーロー(琺瑯)びきなどがあります。

鋳造・鋳物などの製法のフライパンや、テフロン加工のような表面加工がされたフライパンもあります。

 

次に、テフロン製のフライパン・フライパンを使った美味しい揚げ物・ フライパンで揚げ物をするのにテフロン製でも良い?などの紹介をします。

 

テフロン製のフライパン

 

ruhruimase1

 

「フッ素加工のフライパン」と「テフロン加工のフライパン」がありますが、両者に大きな違いはありません。

「フッ素加工のフライパン」も「テフロン加工のフライパン」も、フッ素樹脂を使用して加工したフライパンになります。

「テフロン(商標登録)」と言うのは、アメリカのデュポン社が開発したフッ素樹脂の名前です。

デュポン社のフッ素樹脂を使用したものを「テフロン」と呼びます。

デュポン社以外のフッ素樹脂を使用したものを「フッ素加工」と呼びます。

テフロン製(フッ素加工)のフライパンの特徴は、安価なのに焦げ付かないことです。

フライパンの表面加工の中で最も多いのが「テフロン製(フッ素加工)」のフライパンになります。

フッ素加工することによって「焦げない」・「汚れを落としやすい」というメリットがあります。

フッ素加工は、今現在最も普及しているフライパンの表面加工法です。

次に、フライパンを使った美味しい揚げ物・フライパンで揚げ物をするのにテフロン製でも良い?の紹介をします。

 

フライパンを使った美味しい揚げ物

 

PAK85_syokutakubkaraage20150203185651_TP_V

 

フライパンを使った美味しい揚げ物料理が人気です。

男性に人気の揚げ物料理ランキングは、鶏のから揚げ・トンカツ・天ぷら・フライドポテト・エビフライになります。

女性に人気の揚げ物料理ランキングは、鶏のから揚げ・フライドポテト・天ぷら・エビフライ・トンカツになります。

家庭料理では、天ぷら・メンチカツ・コロッケが人気ですね。

次に、フライパンを使った揚げ物料理にテフロン製を使っても良い?の紹介をします。

 

テフロン製のフライパンは揚げ物に使える?

 

フライパンは揚げ物料理もできる優れた調理器具です。

美味しい揚げ物料理がたくさんありますが、フライパンを使った揚げ物料理にテフロン製を使っても良いのでしょうか。

テフロン製のフライパンは、「焦げない」・「汚れを落としやすい」などのメリットがありますが、気を付けなければいけないこともあります。

・金属製の調理器具を使わない

・空だきしない

・予熱し過ぎない

・揚げ物をしない

・揚げ焼きをしない

・中火以下の火力で調理する

・冷ましてから洗うなどです。

テフロン製のフライパンは熱に弱いので、揚げ物をすると油の温度でコーティングが解けたり剥がれたりする原因になります。

テフロン製のフライパンでの揚げ物は厳禁なので注意してください。


PAGE TOP