紫キャベツの栄養価、色は加熱すると変化する?赤キャベツとの違い

Sponsored Link

サラダ料理を華やかにする紫キャベツには、注目の栄養成分も含まれているようです。

紫キャベツは、生のままサラダやコールスローに用いられことが多いですね。

ドイツの肉料理にも付け合わせとして添えられています。

紫キャベツの栄養価、色は加熱すると変化するのでしょうか?

紫キャベツの栄養成分も気になります。

赤キャベツと紫キャベツの違いも知りたいですね。

紫キャベツはアブラナ科アブラナ属でキャベツの一種になります。

紫キャベツの別名には、レッドキャベツ・赤きゃべつもあります。

普通の緑色系のキャベツよりも少し小ぶりで葉の色が表も裏も綺麗な紫色をした品種になります。

紫キャベツにはアントシアニン系の色素が含まれているので、葉は暗赤色から紫色です。

アントシアニン系の色素なので、葉の色は土壌の水素イオン指数(pH)によって変わります。

酸性土壌ではより赤く、中性ではより紫色に、アルカリ性では黄緑色になります。

 

次に、紫キャベツの栄養価、色は加熱すると変化する?・紫キャベツの栄養成分・赤キャベツと紫キャベツの違いなどの紹介をします。

 

紫キャベツ

 

7c33e895e412fcd6d93fac12585a8be5_t

 

紫キャベツは綺麗な球形になり、葉が密に硬くシッカリ巻いているのが多いですね。

キャベツ葉は普通のキャベツよりも厚みがあるのがあります。

食べた時に青臭みはありませんが、紫キャベツの中には少し苦味が感じられる種類があります。

紫キャベツの葉の紫色の色素は、抗酸化作用が強いアントシアニンです。

アントシアニンは水に溶け出しやすいので煮ると煮汁が紫色になります。

アントシアニンは酢を加えると赤くなるので、紫キャベツを酢漬けにすると赤いキャベツになります。

紫キャベツの煮汁には、酸性・アルカリ性を判別するリトマス紙のような機能があります。

酸性のものを加えると赤く色が変わり、アルカリ性のものを加えると緑色になります。

紫キャベツは通年で市場にあります。

春撒きと秋撒きがあり、栽培量が少ないせいか一年通して出回る量に変化はありません。

普通のキャベツのように初冬の頃に市場に一気に溢れるようなことはありません。

紫キャベツの旬は12~1月の冬期になります。

この時期の紫キャベツは葉がシッカリと巻かれています。

紫キャベツには普通のキャベツよりもビタミンCなどの栄養成分が多く含まれています。

ビタミンCは加熱調理をすると失われます。

また、抗酸化作用が強いアントシアニンは煮汁に溶け出します。

紫キャベツはサラダなどの生食がおススメです。

次に、紫キャベツの栄養成分・赤キャベツと紫キャベツの違いなどの紹介をします。

 

紫キャベツの栄養成分

 

e2849e49f3fbc5cb6592edb4f4af2920

 

紫キャベツに多く含まれているビタミンCなどの栄養成分を加熱して失わないようにしましょう。

紫キャベツの栄養成分は普通のキャベツに比べて多くなっています。

紫キャベツの注目の栄養成分は抗酸化作用が強いアントシアニンです。

ビタミン類では、ビタミンC・ビタミンK・ビタミンUなどが含まれています。

ビタミンCはアンチエイジングに、ビタミンKは動脈硬化予防や骨形成に役立ちます。

ビタミンUは別名キャベジンです。

食物繊維も普通のキャベツよりも多く含まれています。

次に、赤キャベツと紫キャベツの違いを紹介します。

 

赤キャベツと紫キャベツの違い

 

紫キャベツの栄養成分を摂取するには、加熱料理ではなくサラダ料理をおススメします。

紫キャベツの注目の栄養成分は、アントシアニン・ビタミンC・ビタミンK・ビタミンU・食物繊維などです。

赤キャベツと紫キャベツは同じ種類です。

栽培される土壌の水素イオン指数(pH)の違いで葉の色がかわります。

酸性土壌-赤色・中性土壌―紫色・アルカリ性土壌―黄緑色になります。


PAGE TOP