チーズアレルギーの原因、症状、対処法

Sponsored Link

チーズアレルギーが注目されています。

チーズアレルギーの原因やチーズアレルギーの症状を知っていると、安心して料理を食べられます。

チーズアレルギーは食物アレルギーの一つです。

食物アレルギーは、特定の食品によって引き起こされるアレルギー反応のことです。

特定の食品を口から摂取する以外にも、食品が皮膚に付着したり、吸い込んだりしてアレルギー反応が起こることもあります。

食物アレルギーの原因となる食品は、チーズだけでなく牛乳・鶏卵・小麦・蕎麦など数多くあります。

食物アレルギーで多い症状は、じんましんなどの皮膚症状・下痢・喘鳴などがあります。

全身に症状が現れるアナフィラキシーショックでは、意識障害や血圧低下など重篤なアレルギー症状を発症することもあります。

アナフィラキシーショックを発症すると死亡することもあるので、食物アレルギーを発症した親族がいる人は注意が必要です。

アレルギーを引き起こす原因物質はアレルゲンと呼ばれています。

食物に含まれるタンパク質の一部がアレルゲンになります。

人間が持っている細菌やウイルスなどに対抗する免疫機能のバランスが崩れるとアレルギーを発症しやすくなります。

アレルギーの原因となる日常よく食べる食物の例では、チーズ・牛乳・鶏卵・小麦・蕎麦・かに・えび・落花生などがあります。

 

次に、チーズアレルギーの原因・チーズアレルギーの症状・チーズアレルギーの対処法などの紹介をします。

 

チーズアレルギーの原因

 

yun_11546

 

チーズアレルギーの原因を紹介します。

チーズアレルギーとは食物アレルギーの一種です。

チーズの原料になる牛乳に含まれる、カゼインやラクトグロブリンなどの成分が原因になっています。

カゼインやラクトグロブリンがアレルゲンになります。

アレルゲンとはアレルギーを引き起こす原因物質のことです。

次に、チーズアレルギーの症状を紹介します。

 

チーズアレルギーの症状

 

TKY201302020163

 

チーズアレルギーの原因は、チーズの原料になる牛乳に含まれているカゼインやラクトグロブリンでした。

チーズアレルギーの症状には、下痢・嘔吐・アトピー性皮膚炎などがあります。

アレルギー症状の中にはアナフィラキシーショックもあります。

アナフィラキシーショックでは意識障害や血圧低下になります。

アナフィラキシーショックを発症して死亡することもあるので、チーズアレルギーなどの食物アレルギーは注意する必要があります。

 

チーズアレルギーの対処法

 

チーズアレルギーの原因は牛乳に含まれているカゼインやラクトグロブリンなどのアレルゲンです。

チーズアレルギーの症状の中にはアナフィラキシーショックもあるので注意してください。

チーズアレルギーの人は、牛乳を含む加工食品に注意する必要があります。

牛乳成分を含むチーズ以外の加工食品には、

・ヨーグルト・バター・生クリーム・全粉乳・脱脂粉乳・調製粉乳・れん乳・乳酸菌飲料

・はっ酵乳・アイスクリーム・パン・カレーのルウ・シチューのルウ

・ハムやウインナーなど・洋菓子類・調味料などがあります。

アレルギーを予防するには、牛乳を含む加工食品を避けてアレルギーの専門医の指導を受けることが大切です。

乳幼児の食物アレルギーは乳児湿疹から発症するそうです。

最近の研究では、アレルギーに関係する食物を少しずつ摂食することで治療する方法が進んでいます。

また、乳児期からのスキンケアが大切なことも分かっています。

アレルギーはスキンケアを通して予防する時代になっていくようです。


PAGE TOP