チーズをそのまま素揚げすると爆発?溶ける?揚げるコツ

Sponsored Link

チーズは乳脂肪を分離したバターと並んで家畜の乳の保存食として大切な食品です。

チーズを上手に揚げるコツを知っていると美味しい料理つくりに役立ちます。

チーズを素揚げすると溶けて爆発したようになります。

チーズを美味しく揚げる方法を知っていれば家族にも喜ばれます。

チーズにはナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。

ナチュラルチーズは、牛・山羊・羊などの乳に乳酸菌や凝乳酵素を加えて凝固させ、そこから乳清の一部を取り除いて乳酸菌やカビ等の微生物で発酵・熟成させたものです。

プロセスチーズは、ナチュラルチーズを砕いて乳化剤を加えて加熱して溶かして再び成型したものになります。

プロセスチーズは風味が変化しにくく保存性に優れた特徴があります。

ナチュラルチーズには、軟質チーズ・シェーブルチーズ・半硬質チーズ(セミハードチーズ)・硬質チーズ(ハードチーズ)・超硬質チーズなどがあります。

軟質チーズには、フレッシュチーズと熟成させるチーズがあります。

フレッシュチーズには、熟成させるモッツアレラチーズや、軽く熟成させるチーズがあります。

熟成させるチーズには、白カビチーズ・ウォッシュチーズ・山羊の乳を原料とするチーズがあります。

半硬質チーズ(セミハードチーズ)にはブルーチーズやゴーダチーズがあります。

硬質チーズには、チェダーチーズがあります。

超硬質チーズには、パルミジャーノ・レッジャーノなどがあります。

 

次に、チーズを揚げるコツ・チーズを揚げると爆発・チーズをそのまま揚げる・チーズの美味しい料理などを紹介します。

 

チーズが爆発?

 

79bac6ca501a21e52ac3f918644d23a0_t

 

チーズを上手に揚げるコツを知っていれば料理も楽しくなりますね。

チーズはそのまま食べても美味しいですが、熱を加えてトローリとした食感にするとさらに美味しくなります。

チーズに熱を加える調理では、チーズを上手に揚げる方法を知りたい人も多いのではないでしょうか。

爆発しないようにチーズをそのまま揚げる方法を知っていれば、チーズ料理を楽しめます。

チーズの揚げ物では、トロリとした食感が格別です。

素揚げで食べたいと試した人も多いのではないでしょうか。

チーズは素揚げすると溶け出してしまいます。

溶け出したチーズが油でハネて爆発したような状況になります。

油の温度によっては、チーズが溶けて爆発したようになって無くなってしまうこともあります。

チーズの素揚げはできません。油とチーズでゴチャゴチャになります。

 

チーズを上手に揚げる

 

yun_1632

 

チーズを上手に揚げるコツはコーティングです。

チーズはそのまま揚げると爆発したようになります。

チーズは、そのまま揚げるのではなくチーズの周りを衣でコーティングすることがポイントです。

チーズを美味しく揚げるコツに、春巻き・餃子・ワンタンなどの皮でチーズを巻く方法があります。

チーズの種類に関係なく手軽に巻いて揚げるだけなので簡単です。

餃子やワンタンの皮でチーズを巻いて揚げて軽く塩を振れば、おつまみになります。

ささ身やベーコンとチーズを春巻きの皮で巻いて揚げれば、子供が大好きなおかずになります。

 

パン粉をつけてフライ

 

チーズを美味しく揚げるコツは衣をつけることです。

チーズそのまま揚げると溶けて爆発したようになります。

チーズ美味しく食べたいなら、そのまま揚げるのではなくコーティングしてください。

春巻き・餃子・ワンタンの皮で巻くだけでなくパン粉をつけて揚げる方法もあります。

チーズに小麦粉をつけて、溶き卵に浸してからパン粉をつけて揚げます。

チーズに皮や衣をつけて揚げる時に、溶けたり爆発したようにならないようにしましょう。

チーズを皮で巻くときに空気が入らないようにしてシッカリ包むことが大切です。

空気が入ると膨張して皮が破けてチーズが溶けだします。

チーズにパン粉をつけるときもシッカリ衣を付けることが大切です。


PAGE TOP