電気ポットの洗い方と洗う頻度。洗剤は使ってよい?汚れの原因

Sponsored Link

電気ポットの洗い方はどうしていますか?

電気ポットを洗う頻度やポットを洗う時の洗剤など気になりませんか。

電気ポットは、多くの家庭で活躍している電気製品です。

電気ポットには、水を沸かす加熱・保温装置がついています。

湯をそそぐための電動ポンプを内蔵しているタイプが多いですね。

電気ポットの別名には、ジャーポット・ホットウォーターディスペンサーなどもあります。

電気ポットが家庭で人気なのは加熱だけでなく保温もできることです。

保温機能がある容器に魔法瓶がありますが、程度の保温効果はあっても加熱ができません。

電気ケトルは水を加熱するスピードは速いですが、沸騰した後の保温機能が無いのでスグに冷えてしまいます。

加熱と保温機能がある電気ポットは、高齢者家庭で重宝されています。

電気ポットには各種の安全装置が組み込まれています。

マグネットプラグ・給湯停止装置・操作ボタンの色分けなどです。

電気ポッドにはコンピューターを内蔵した高機能タイプもあります。

再沸騰・カルキ抜き・一定温度での保温・クエン酸による内部洗浄モード搭載などです。

電気ポッドに通信機能を搭載した、独居老人の安否確認タイプも研究が進んでいます。

 

次に、電気ポットの白い汚れ・電気ポットの洗い方・電気ポットを洗う頻度・電気ポットを洗うには(クエン酸&洗剤)などの紹介をします。

 

電気ポットの白い汚れ

 

th_kaden_ca_007

 

毎日お世話になっている電気ポッドの洗い方はどうしていますか?

手軽に素早くお湯を沸かせる電気ポットは多くの家庭で活躍しています。

電気ポットの中に白い汚れがこびりついていませんか。

電気ポットは丸洗いできないので、洗い方に悩んでいる人も多いようです。

水を入れるだけで白い汚れは付着していきます。

白い汚れを放置していると落ちなくなります。

電気ポット内の白い汚れは、水道水・ミネラルウォーターに含まれているカルシウムなどのミネラル類が結晶化したものです。

白い汚れは人体には害はありません。

たくさん付着し過ぎると電気ポットの機能低下の原因になります。

電気ポット内に茶色い汚れが付着することもあります。

茶色い汚れは水道水の不純物が熱で付着したものです。

次に、電気ポットの洗い方・電気ポットを洗う頻度・電気ポットを洗うには(クエン酸&洗剤)などの紹介をします。

 

電気ポットの洗い方

 

IMG_87561-1024x1024

 

電気ポットの洗い方で簡単なのは、ポット洗浄剤やクエン酸を使う方法があります。

ポット洗浄剤やクエン酸を使えば、白い汚れや茶色い汚れを簡単に落とせます。

毎日の習慣として、電気ポット沸かしたお湯を本体に残さないで使い切って乾燥させれて、定期的にクエン酸で洗えば汚れの付着は予防できます。

次に、電気ポットを洗う頻度は?・電気ポットを洗う方法(クエン酸&洗剤)などの紹介をします。

 

電気ポットを洗う方法(クエン酸&洗剤)

 

電気ポット用洗浄剤を使った洗い方は説明書に従って洗います。

電気ポットのクエン酸を使った洗い方が簡単です。

電気ポットをクエン酸で洗う頻度は、毎日の使い方や手入れの方法でも違います。

クエン酸を使った洗浄は、汚れが目についた時になります。

クエン酸を使った洗浄では落ちない汚れは、電気ポット用の洗剤を使って洗ってください。

只、水垢程度であればクエン酸で十分落とせます。

水に含まれているミネラル成分は酸に溶ける性質があります。

少々ガンコな水垢でもクエン酸でキレイに落とせます。


PAGE TOP