リーキの旬な時期、栄養、食べ方、保存方法、ネギとの違い

Sponsored Link

リーキは、地中海沿岸原産の野菜になります。

リークとも呼ばれるリーキには他にもいろいろな名前があります。

西洋ネギ・ニラネギ・西洋ニラネギ・ポワロー・ポッロ・ポワロねぎ・ポアロねぎ・ポロねぎなどです。

リーキは、オランダ産やベルギー産などが輸入されています。

国産品は静岡県などで少量作られています。

リーキは、茎が太く葉は扁平で厚みがあります。

味と香りは一般的なネギよりまろやかです。

サッと茹でるとトロリとしてやわらかいです。

ネギ特有の刺激臭が少ないので、ネギが苦手な人におススメします。

 

次に、リーキの栄養成分・リーキの選び方と食べ方・リーキの旬やリーキとネギの違いなどの紹介をします。

 

リーキの栄養成分

 

220px-Poireaux

 

リーキに含まれている栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

ビタミン類では、ビタミンB6・ビタミンK・ビタミンC・葉酸などが豊富です。

ビタミンB6は、エネルギー生成に欠かせない成分です。

タンパク質の分解・合成をビタミンB6がサポートします。

ビタミンB6は、皮膚などを健康に保つためにも役立ちます。

ビタミンKには骨の健康維持の働きがあります。

ビタミンCには抗酸化作用があります。

活性酸素が増えるのを抑える働きや、コラーゲンの生成をサポートする働きがあります。

アンチエイジングなど美容と健康をサポートするビタミンです。

葉酸は、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球生成をサポートしています。

妊娠を望む女性・妊娠中の女性・貧血が気になる人は積極的に摂りたい栄養素になります。

次に、リーキの選び方と食べ方・リーキの旬やリーキとネギの違いなどを紹介します。

 

リーキの選び方と食べ方

 

2109183

 

リーキに含まれている栄養成分を美味しく健康と美容に役立ててください。 

リーキの選び方は、白い部分がシッカリと固く締まっているかの確認がポイントです。

白い部分がフカフカしていないか確認してください。

葉の緑の部分と白い部分の境目がハッキリとしたものが美味しいとされています。

葉が枯れていたり変色したりしているものは避けます。

味と香りは根深ネギよりまろやかです。

リークの食べ方では茹で過ぎに注意することです。

リーキをサッと茹でると歯ざわりがあって甘味がありとても美味しいです。

リーキはスープでも美味しく食べられますが、さっと茹でてドレッシングであえてサラダに加えても甘味を楽しめます。

煮物料理でも美味しく食べられます。

魚料理の付け合せにもおススメです。

日本のネギの種類とは別のものです。

味香りがやさしいので、ネギが苦手な人でも食べられるようです。

次に、リーキの旬やリーキとネギの違いなどを紹介します。

 

リーキの旬・リーキとネギの違い

 

リーキの栄養成分を美味しく摂取するには茹で過ぎないことです。

リーキの食べ方では、サッと茹でてサラダに加えると美味しいですね。

リーキの大部分は輸入されているので特に旬はありません。

国内産のリーキの旬は冬がシーズンになります。

リーキとネギの違いは太さです。

リーキは日本のネギと同じように、円筒形で細長くて白い部分と葉の緑の部分に分かれています。

リーキと日本のネギとの違いは、太さがネギの2倍ほどあって重いことです。

一般的な日本のネギとの見分け方は、葉が筒状にならずV字型になっていることです。

緑の部分を見ると扁平でV字型なのでスグに分かります。


PAGE TOP