マンゴスチンの旬な時期、栄養、食べ方、保存方法、ライチとの違い

Sponsored Link

マンゴスチンを食べたことがありますか。

果物の女王とも呼ばれるマンゴスチンは、まだ日本人にはなじみが薄い果物です。

最近はスーパー・八百屋・果物屋でマンゴスチンを見かけることもあります。

果物の女王の異名がついているマンゴスチンの味が気になりませんか。

マンゴスチンに含まれている栄養成分も知りたいですね。

マンゴスチンを旬を知りたくありませんか。

マンゴスチンの美味しい食べ方も気になります。

 

次に、マンゴスチンとマンゴーとライチの違い・マンゴスチンの味・マンゴスチンの栄養成分・マンゴスチンの旬・マンゴスチンの食べ方などの紹介をします。

 

マンゴスチン・マンゴー・ライチ

 

mangosteen-811154_960_720

 

マンゴスチンとマンゴーとライチの違いを紹介します。

マンゴスチンは、フクギ科フクギ属の果物で、マレー半島・東南アジアが原産とされていま

す。

直径4~8cmほどの丸い形をしています。

果皮は濃紫色で厚く種子を覆う果肉を食べます。

マンゴスチンの味は、果肉がジューシーで爽やかな酸味と上品な甘みが特徴です。

マンゴーはウルシ科マンゴー属の果物で、インド・インドシナ半島が原産とされています。

果実は長さ3~25cm・幅2~15cmです。

日本で流通しているマンゴーは果皮が赤色のアップルマンゴー・果皮が黄色のペリカンマンゴー・果皮が緑色のキーツマンゴーになります。

アップルマンゴー・ペリカンマンゴー・キーツマンゴーの果肉は黄色~オレンジ色をしています。

ジューシーで濃厚な甘みと酸味が特徴です。

ライチは、レイシとも呼ばれるムクロジ科の果物です。

中国の嶺南地方の原産で、熱帯・亜熱帯地方で栽培されています。

マンゴスチンとライチの見分け方は、大きな樹冠があるマンゴスチンに対してライチにはありません。

ライチは丸い果実に大きな種があります。

マンゴスチンとライチの味は似ていますが、マンゴスチンの方の食感が柔らかいです。

次に、マンゴスチンの栄養成分・マンゴスチンの旬・マンゴスチンの食べ方などの紹介をします。

 

マンゴスチンの栄養成分

 

fruit_mangosteen

 

マンゴスチンの味は、ジューシーで爽やかな酸味と上品な甘みです。

マンゴスチンに多く含まれる栄養成分にはビタミン類・ミネラル類・食物繊維などがあります。

ビタミン類では、ビタミンB1・ビタミンB2・パントテン酸・ビタミンCが多く含まれています。

ミネラル類ではカリウムが多く含まれています。

ビタミンB1やB2には、糖や脂質の代謝を促してエネルギーを作り出す働きがあります。

パントテン酸には、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあります。

動脈硬化の予防に役立ちます。

カリウムは筋肉に欠かせないミネラルです。

カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。

高血圧予防や運動による筋肉の痙攣などを予防します。

次に、マンゴスチンの旬とマンゴスチンの食べ方を紹介します。

 

マンゴスチンの旬と食べ方

 

マンゴスチンのジューシーで爽やかで上品な酸味と甘味を楽しみませんか。

マンゴスチンには、ビタミン類やミネラル類などの栄養成分がふくまれています。

マンゴスチンの旬は、タイから美味しい生のマンゴスチンが入ってくる5~7月頃になります。

日本ではマンゴスチンを栽培していません。

日本のスーパー・八百屋・果物屋さんで並んでいるマンゴスチンは全て輸入品です。

マンゴスチンを食べる時には、皮を手で剥くかナイフでぐるりと切り込みを入れます。

マンゴスチンのおススメの食べ方は生のままです。

マンゴスチンはシャーベット・ムース・ゼリー寄せ・タルトなどにも加工できます。


PAGE TOP