カナディアンベーコンとハムの違い。カナディアンベーコンの食べ方

Sponsored Link

カナディアンベーコンとハムの違いを知っていると食生活が豊かになりますね。

カナディアンベーコンの美味しい食べ方を知っていれば家族にも喜ばれます。

ベーコンの英語表記は「Bacon」になります。

ベーコンは豚肉を塩漬けした加工食品です。

ベーコンに使われる肉は豚肉です。

豚の腹や背の肉を使ってベーコンが作られます。

英語表記の「Bacon」は、本来は背中の肉(ロース)を意味しています。

ヨーロッパのベーコンは背中の肉を使用していますが、北アメリカでは豚の腹の肉が使われています。

豚の腹の肉は日本でのバラ肉のことです。

日本のベーコンもバラ肉が使われています。

 

次に、カナディアンベーコンとハムの違いや、カナディアンベーコンの食べ方の紹介をします。

 

カナディアンベーコン

 

h003amain

 

カナディアンベーコンとハムの違いを知るためにカナディアンベーコンの概要を紹介します。

カナディアンベーコンは、豚のロース部分を使ったベーコンになります。

普通のベーコンは豚のバラ肉を使ってあります。

豚のロース部分を使ったのがカナディアンベーコンと呼ばれています。

豚の肩肉を使ったベーコンは、ショルダーベーコンになります。

カナディアンベーコンの特徴は、ロースハムを濃くしたような味です。

カナディアンベーコンは、燻製香が強くて肉の味が凝縮された味覚があります。

次に、ハムのこと、カナディアンベーコンの食べ方などの紹介をします。

 

カナディアンベーコン ハム 違い 

 

PPS_suraisusaretahamu_TP_V

 

カナディアンベーコンとハムの違いが分かるためにハムの概要を紹介します。

ハムの英語表記は「ham」になります。

ハムは、豚肉や猪肉のもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品になります。

「ham(ハム)」とは、元々は豚のもも肉を指します。

豚のもも肉を用いた加工食品が「ham(ハム)」になります。

日本では、豚のもも肉以外を用いた食品もハムと呼んでいます。

豚肉を燻煙・湯煮した製品とには「骨付きハム」や「ボンレスハム」があります。

「骨付きハム」は、骨付きもも肉をそのまま使ってあります。

「ボンレスハム」は、骨を抜いたもも肉を用いてあります。

生ハムには、ラックスハム・プロシュット・ハモンセラーノなどがあります。

ラックスハムは、燻製はするが加熱しないものです。

プロシュット・ハモンセラーノは、塩漬け・乾燥のみで燻製しないものです。

次に、カナディアンベーコンの食べ方の紹介をします。

 

カナディアンベーコン 食べ方

 

カナディアンベーコンとハムの違いは、豚肉の部位になります。

カナディアンベーコンは、豚のロース部分を使います。

ハムは豚肉や猪肉のもも肉を使います。

カナディアンベーコンの食べ方では、サンドイッチの具材やウイスキーのおつまみがあります。

カナディアンベーコンを厚切りにしたソテーも人気があります。

カナディアンベーコンは家庭でも作れます。

手間と時間がかかりますが、ダイナミックで美味いベーコンを楽しめます。


PAGE TOP